はまかぜ通信 ~ Personal

紀州 雑賀崎 底曳き漁師のブログです

  

6月27日

hamo2_20100628111608.jpg

鱧の季節です。

hamo_20100628111608.jpg

みょうがと 水菜には 何の意味もありませんが
添え物があった方が 鱧の身の白さが引き立つと思って
冷蔵庫を 物色して一緒に撮りました。




この 鱧を曳くために 先週の木曜日 夜通しの漁に出ました。

木曜日の午後3時出漁 翌朝6時ごろ 帰港です。



今の時期 ふつうは 午前10時出漁 午後9時か10時ごろ帰港です。

しかし 早朝から シラス漁の網が 和歌浦湾を操業するので
そのあと 10時から 底曳船が 同じ海で 網を曳いても
魚が びっくりして 隠れてしまっていて 思う水揚げが出来ません。

思う漁が出来るのは 夕方からなので
この 夜通しの漁は 水揚げが期待できます。

ただし これにも 難点はあります。

午後3時 翌朝入港でも 魚の出荷は 入港の日の夜になるので
2日掛けて 1回分の 漁だということ。

操業時間が長いので
船のエンジンを痛めるし 燃料は 多く炊くし
何より 漁師の体も クタクタです。

出漁前も 準備があるので 午後2時を回ると船に乗り
入港は 午前6時ごろでも 魚を仕分ける作業もあるので
帰宅は 午前10時過ぎ。

実質 20時間ぐらい 肉体労働が続くことになるのです。

「夜通しの操業」 私は 苦手で どちらかと言えば 2日漁に出た方が良いのですが
何せ 昼間 魚が入ってこないということになると
贅沢も行っていられず 先週は 1晩 やってみました。

100キロ弱の 鱧。

鱧以外には 魚が ほとんど無かったので
大漁ではないけれど
まずまず というところ。

これは すぐに出荷せず 水産倉庫の 生簀に泳がしてあります。

底曳漁で水揚げした 鱧は
釣りの鱧より ストレスがあるので
しばらく 生簀で休ませたほうが 身が良くなります。

漁にでても すぐに魚を現金化できないところも
難点だなあ。

とりあえず 鱧は 確保できたので
「わいわい市場」の ページも 少し 手を入れることにします。

最近 わいわい市場のページを 放置していて すみません。



 
 
スポンサーサイト

category: 今日のこと

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://hamakazetusin.blog34.fc2.com/tb.php/290-438c59bc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム