はまかぜ通信 ~ Personal

紀州 雑賀崎 底曳き漁師のブログです

ハモ天丼  

9月6日

良いお天気ですが 今日は 漁休み。
台風の影響なのか 海上には うねりがあります。

hamotendon.jpg

今日のお昼は ハモ天丼。
嫁に食わすな 秋茄子と
頂き物の ピーマンも素揚げにして 彩りに。

ハモは 入梅から7月ごろが旬といわれますが
秋口のハモは 産卵が終わって 再びエサを食べ始め
脂がのって またまた美味しい。
「名残ハモ」とも
腹皮が 黄金色になるので 「黄金ハモ」ともよばれます。




「黄金ハモ」なんて 名前は
本当は ハモを少しでも 高く売るために
売る側がつけた 名前なんだと 思います。

最近 地域再生とか 地方活性化とか
疲弊してしまった 地方を 何とかしようと
そんな 試みが あちこちで 盛んです。

いなかINAKA は本当に 大変です。

特に いなかINAKAの 主要産業である
第一次産業は 仕事は辛いし 割りに合わない儲けで しんどい。

儲かる産業にしようと
ブランド化して 高く売ろうとしたり
観光業と タイアップしたり。

漁業だって 「関さば」「大間のマグロ」 のように 魚をブランド化したり
漁村留学や 体験漁業のような 観光と結びつけるコトは
必要だと ずっと 思ってきました。

そういうことで 生産者の収入が増えることは
産業を 維持 活性化させるために 必要だと 思います。

だけど 最近 野菜が高くて 買いにくいという奥さんのグチに
もうちょっと 大きく 日本の食糧問題みたいなことを たいそうにも考えたとき
価格の高い魚を 作り出すことは 
皆のためでは 無い気がしてきました。

無農薬や 栽培方法にこだわりを持った 芸術品のようなトマトは
それは 農民の 英知の結晶で すばらしいけれど
1個300円も 400円もするトマトは
私たちのような 貧乏人には 毎日食べることが できないからなあ。

魚だって ブランドの高級魚ではなく
普通の アジとか カレイとか
名前の知られていない 小魚とか
そういうものが もっと いい状態で 流通することも
大切なんじゃないかと 思うのです。




明治43年には 日本の人口が 現在の約半分の6000万人。
そのうち 漁業従事者は 300万人いたんだって。

昭和24年でも 漁業従事者は 109万人。

それが 現在では 22万人なんだって。

その上 22万人の3分の1が 65歳以上らしい。

敬老の日を前に これは結構びっくりする数字です。
10年後を考えると 空恐ろしい。

世の中は 政権交代でチェンジするらしい。

漁業者の声は 蚊の鳴くように 小さいから
聞こえ難いとは 思うけれど 
耳を貸してくれる為政者があると いいなあ。
スポンサーサイト

category: 今日のこと

tb: 0   cm: 6

コメント

頑張れ 雑賀崎

いつも楽しみに 拝見させて頂いてます。漁業も高年齢化してきてますね 私にとって 漁業は まだ、魅力のある仕事だと思いますよ 余り儲からないばっかりみんなで 言ってるから 若者が漁業に魅力が無くなるのでわ~実際 若者が中心となって 頑張って 儲けている漁港も有ります!私は魚好きで 色んな漁港を周ったりしています。実際雑賀崎漁港も 魚を求め何度か行かして頂いた事もあります。一言 もったいない と正直思いました!雑加賀の美味しい魚 扱いたいと思っても なかなか扱いにくいんです。アジやかれい 名もない魚 待ってるお客様 沢山いるのですよ~ 今の時代 企業的考え努力が必要です ただ 漁に出て 売れば良いと考えるだけでは 成り立ちません!新たな販売ルート 品質向上 いくらでも 売り方はあるはずですよ~ 私は買いに行ったけど・・・
一度 買う立場 扱う人の考え 現場に出て見て下さい 雑賀崎の地魚待ってるお客様沢山いるはずです!私もその一人です 生意気言ってごめんなさい!でも 美味しい魚食べたくて。

虎屋 #- | URL
2009/09/07 20:24 | edit

市内より

こんばんは、はじめまして。  僕はそちらの漁港へ夜、時々アジ釣りにお邪魔している
者です。  サビキではなくて、ルアーでアジ釣りをさせてもらいに去年から行かせてもら
っています。 今年になって、堤防のあちこちに釣り禁止の文字をお見受けするように
なりました。 僕は自分が釣っている場所近辺は、なるべくサビキの跡を見つければ流し
たり、ゴミを拾ったり、サビキの人にも声かけをするようにしていますが、他にも何かでき
ることはないかなぁ・・・と思います。
 また、作業の邪魔にならないように、カレンダーに出漁・帰港時間をつけて頂くのは
お願いできないでしょうか? 
 初回から色々勝手な希望を言ってすみません。 これからも近所なのでちょくちょく
お邪魔したいと思っていますので、よろしくお願いします。

ひだか #uU.Uev0c | URL
2009/09/09 00:58 | edit

Re: 頑張れ 雑賀崎

虎屋さん

かきこみ ありがとうございます。

「買う人の立場にたって また 扱う人の立場にたって・・・・」
という ご指摘 ごもっともです。
が その理屈が 漁業は なかなか 通り難いv-390

応援 ありがとうございます。
こう見えても 雑賀崎も この10年で ずいぶん変わりました。
これからも 頑張ります。

寺井政見 #- | URL
2009/09/09 16:43 | edit

Re: 市内より

ひだかさん

かきこみ ありがとうございます。

出漁時間は 変わるごとに 記載するようにしていますが
出漁する日は 予定だけで 
その通りには 行かないので ごめんなさい。

堤防は 釣り禁止になっていますか?
今年は 役員ではないし
あまり 防波堤の方に 行かないので 知らなくて すみません。

海は 皆のものだから 皆で利用し 楽しめばいい と思います。

アミエビの始末は 釣りさんに きをつけてもらわな いけませんが
ゴミや 煙草の吸殻は 漁業者も 同じです。

釣竿の先には 危険な 針が着いていることは 忘れないでほしい。
人の多いところで 竿を振り回している人をみると
怪我しそうで 怖いです。

港内 関係者以外の 車両進入禁止になっていますが
無理に 船に 車を横付けにして 魚を 買おうとしている人
港内で 車のスピードを出して走る人
子供や 年寄りも たくさんいるのに 危ないなあ。

犬やネコなどの ペットを 捨てに来る人
岸壁から 車ごと突っ込んで 自殺しようとする人
迷惑な 話。

和歌山市内の 憩いの場に なるように
みんなで 気をつけたいです。

寺井政見 #- | URL
2009/09/09 17:04 | edit

こんばんは。はじめまして。

私も時々そちらの漁港へ釣りに行かせて貰っている者です。

今度の火曜から水曜にかけて、連れと釣行するための情報収集をしていてここにたどり着きました。まだ少ししか読ませて頂いていませんが、とても穏やかな文体で、ほかの記事もどんどん読みたくなりました^^

ひだかさんのコメントを読ませて頂きましたので、私も少し感想を…。

雑賀崎漁港は風光明媚で人もそれほど多くなく、比較的のんびり釣りをさせてもらえる貴重なところだと思っています。それに、いつもおばさん達がごみを集めてくれていて、とても綺麗ですよね。この綺麗さを少しでも保てるよう、一緒に行く自分の子供には、絶対にごみを落としたり放置しないよう、また周囲のごみはできるだけ拾っておくようしつけています。マナーとしては当然のこと、そういったおばさんの姿を見せていると、子供も自然、ごみを捨てるのが申し訳ないことだと気づいてくれていると思います。

他の記事も子供にと一緒に読ませて頂き、漁港は漁師の方の仕事場、釣りはレジャーだからそういう人たちの邪魔をしないように楽しむよう、教えたいと思います。

漁業を含む一次産業を取り巻く環境、厳しいですよね。特に漁業は、相手が大海原に住む魚だけに、人の思い通りにならない部分が多くて大変だと思います。日本の食料自給率を考えると、もっと政策面で政治がサポートしてもいいと思うのですが。

とりとめのない文章でしたが、ともあれ、これからも頑張って下さい。

防波堤から出航する漁船を見て大きな声で「ばいばーい」という6歳児が時々いるかもしれませんが、あまり気にしないで下さい^^

では、また来ます。

もりたけ #Vg6O9.cg | URL
2009/09/12 00:32 | edit

Re: タイトルなし

もりたけさん

書き込みありがとうございます。

はじめましてv-410

漁港では 今 なにが釣れているんでしょうね?

そういえば この間 ハモがつれたと 大騒ぎしている 釣りさんがありました。
「こんなところでも ハモが つれるんだ!!」と
大喜びでしたが
本当は あんまり小さくて かわいそうだからと
漁師が 生簀から 逃がした ハモです。

子供さんは 岸壁から落ちると なかなか這い上がって来れないので
どうぞ 気をつけて たのしんでください。


ありがとうございました。

寺井政見 #- | URL
2009/09/13 16:07 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://hamakazetusin.blog34.fc2.com/tb.php/247-bf7077ac
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム