はまかぜ通信 ~ Personal

紀州 雑賀崎 底曳き漁師のブログです

6月の予定  

6月3日  曇り 時々 雨

200906yotei.jpg

21日は 父の日で 漁は休みです。




「この前は ひどい目に会った」と
叔父のカッチャンに 言われた。

   *   *   *


数日前 帰港時の 浜に スーツ姿の 若い男がやってきて
「どなたか ハモを獲っている船は無いですか?」と
探し回っていた。

ハモ漁には ちょっと早く
5月いっぱいは 金栄丸は トリ貝を狙っていたし
小エビ中心の船や 鯛船もあるので
なかなか ハモねらいの船が見つからないらしい。

カッチャンは ハモ曳きだろうから 帰港を待ったらどうか と
その 気弱そうな 男に 私は 進言した。
A新聞社の 記者さんだった。

帰港時の漁師は 忙しい。
10数時間 沖で働いてきた身体をひきずりながら
出荷作業が待っているからだ。
魚を 入札にかけたり 出荷のトラックに載せる
時間が 決まっているので
作業は 時間との 戦いになってくる。

そういう事情を知らない 彼は 帰港してきたカッチャンの船に乗り込み
のんきに ハモの取材をしていたらしい。
写真を撮るのに ポーズを頼んだり・・・
まあ その辺は 職業だから 多少無理を通すのも 仕方ない。

さて 出荷が終わって 帰宅するのが 午前0時過ぎである。
カッチャン 人がいいものだから つい
「熱いコーヒーでも いっぱい どうな?」
と 彼に声をかけてしまったらしい。

知らない人があったらいけないので ちょっと 書いておくが
もし こんな深夜に 雑賀崎の漁師に こんなふうに 声をかけられても
「それでは 一杯頂きましょう」と 
家に上がりこんでは いけません。
漁師は 翌日も 午前10時には 沖に出なくてはいけないのだ。


ところが 彼は
「それは それは・・・・」と
カッチャンの 家に 寄ってくれた らしい。
そして コーヒー一杯のはずが
カッチャンの 晩飯にまで お付き合いしてくれたそうだ。

さよならしたのが 午前2時。

「アホじゃいよ」と 呆れる 奥さん。

『田舎に泊まろう』 って番組もあるけれど
街の人は 
「漁師なんて 有名人や 記者さんなんか 来たら
喜んで 飯をご馳走したり 泊まらしてくれる」
と 思っているんだろうか?

   *   *   *

カッチャンの記事は 日曜日の新聞に載ったほか
ネットにも アップされているので 紹介させてください。

「食べある紀の国」~ハモ

そうそう 記者さん。
カッチャンの写真は あんまり オジイに撮られすぎている。
「実物は もっと 若くて 男前だ」と 奥さんが 文句言っていましたよ。

スポンサーサイト

category: 今日のこと

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://hamakazetusin.blog34.fc2.com/tb.php/232-bd19346a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム