はまかぜ通信 ~ Personal

紀州 雑賀崎 底曳き漁師のブログです

和歌祭  


5月4日 くもり

連休後半は すばらしい晴天というわけではありませんが
暑すぎず 雨もなく
アウトドアには ちょうど良い気候。

漁師も 5日までは 漁休みです。




ワイアーロープの交換をしたり
ボチボチ仕事しているので 退屈ありませんが
高速道路網の発展のおかげか
休日の高速料金が 格安になったためか
市内で 全国の車のナンバープレートを見かけると
国民の大移動が起こっているんだな。

「折角の 連休なのに 何処にも 行っていない!!」と
嘆いておられる方のために
昨日 5月3日に 行われた
和歌祭りで 撮った写真を UPしておきます。

和歌祭は 
1622年 初代紀州藩主 徳川頼宣が
父 家康の 命日に行った 400年近く 続いている 
紀州東照宮 大祭の お渡りの呼称です。

伝統ある すばらしい 祭なのですが
今では 全国的な知名度も低く
お渡りが 長距離になるためか 
見物人が びっくりするほど 多い 混雑している というわけでもありません。
しかし 幾多の 困難な時代を乗り越えて
地元の人々が 一生懸命守ってくれていると感じる 祭です。


wakamaturi1.jpg

行列のはじめは 行列奉行と打鉦から。

wakamaturi3.jpg

紀州東照宮のある山から 108段の階段を 駆け下ろされた神輿。

wakamaturi4.jpg
wakamaturi5.jpg


2年かけて 修復された 御所神輿。
wakamaturi7.jpg


2005年に復活した大相撲。 
写真は 子ども相撲。
ちいさな子は ちょっと寒そうだったけれど
横綱は やっぱり貫禄ありますね。
土俵入りも ちゃんと あります。
wakamaturi9.jpg

反物の行商姿の 連尺。
一説には 諸国をめぐる 公儀隠密だとか。
wakamaturi10.jpg

団扇太鼓。
徳川頼宣の 母の冥福を祈るおどり。
wakamaturi11.jpg

長久手の戦いの勝利を餅をついて 祝ったことに由来する
餅つきおどり。
wakamaturi13.jpg

舞姫。
ちいさな 舞姫さんが 
なんとも雑賀崎弁で言うところの 
シナのある 上手な踊りでした。
wakamaturi14.jpg


雑賀踊り。
wakamaturi15.jpg


笹羅踊りと 武者。
wakamaturi16.jpg


薙刀振り。
wakamaturi17.jpg


母衣(ほろ)
平安時代に生まれた 背後からの流れ矢を防ぐ 軍装の一種です。
wakamaturi19.jpg

百面。
子どもが 百面に泣かされると 健康の育つといわれています。
wakamaturi29.jpg
wakamaturi21.jpg
wakamaturi24.jpg
wakamaturi20.jpg
wakamaturi27.jpg


唐船
凱旋宣を模し 
龍の頭の船屋台に鳳凰の作り物を載せ、巴模様の囃方をおいて舟歌を歌います。

wakamaturi22.jpg

wakamaturi23.jpg

和歌祭の 公式ホームページは こちら
スポンサーサイト

category: 未分類

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://hamakazetusin.blog34.fc2.com/tb.php/226-1d2fdc4e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム