はまかぜ通信 ~ Personal

紀州 雑賀崎 底曳き漁師のブログです

日本一の夕日  

9月23日 晴れ

火曜日で 定休。
カラッとして さわやかな一日でした。

今日 秋分の日は 雑賀崎に
「夕日にハナがフル」という 言い伝えのある
ハナフリの日です。
美しい きらきらと光るものが 夕日に降る様子を
戦前は 素朴な年中行事の一つとして
子供も 大人も 連れもって 眺めに出かけたらしいです。

秋分の日は お彼岸の お中日ですから
仏教的な 意味合いもあったのかも 知れません。

悲惨な 戦争があって
それから 食べることに一生懸命な時代があって
しばらく 「ハナフリ」を 雑賀崎の住民すら 忘れていましたが
数年前から 雑賀崎を見直すグループの方々の 活動のおかげで
「ハナフリ」は ちょっとした ブームです。

20080923hanafuritodai.jpg

灯台から 夕日を見ようと 見学者で いっぱい!!


人間の 勝手な行動とは関係なく
お日さんは 昔から 
東からのぼり 西へ沈み続けてきたんだろうけど。




和歌山の人は よく 「美しい」という言葉を使うけれど
この 「美しい」は 標準語で使われる 綺麗という 意味だけでなく
「清らかな」とか 「神々しい」みたいな 意味もあります。
そういう意味を含めた 雑賀崎の人の
「今日の お日ぃさん 美しのう!!」
という 夕日。

和歌山の人は どうも 気が小さい。
日本中の人が 
「おらが村の 夕日は 日本一」と 自慢しても
和歌山の人は
「和歌山の夕日も うつくしで。 たぶん 日本で 8番目までには 入るかも」
という感じ。

やっぱり ここは 負けないように
「雑賀崎の夕日は 日本一」と
せめて 自称ぐらいしようと 思う。

で 昨日と 今日 2日にわたって 撮影した 雑賀崎の夕日。

20080922yukei.jpg

この写真は 2日のうちで 一番のベストショットだと 思っています。
海面に 影が綺麗に 映りこんでいるでしょう!?
ものすごく 凪ということ。
こんなに凪だと 魚が 入らなくて 
漁師にとっては いい日和じゃないね。

20080922yukei3.jpg

これは まあまあ?

20080922yukei5.jpg

これは 数分たってから 同じところを撮影したんだけれど
トンビちゃんが エエとこ 飛んでくれたし
沖の船も エエとこに 居てくれた!!

20080922yukei7.jpg

また ちょっと時間がたつと
夕日が 四国の山に落ちてしまったところ。
そう・・・・ 雑賀崎の向こうは もう 徳島なんだよ。

20080923.jpg

これは 23日。
ハナフリ伝説当日だけど 昨日より 雲が多い。

20080923hanafuri.jpg

レンズを ワイドにすると こんな感じ。

20080923bodakori.jpg

日没前に 雲に隠れちゃって ちょっと 残念。

どう?
やっぱり 日本一は 自称かなあ。











スポンサーサイト

category: 未分類

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://hamakazetusin.blog34.fc2.com/tb.php/195-bb1309d9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム