はまかぜ通信 ~ Personal

紀州 雑賀崎 底曳き漁師のブログです

暑中お見舞いもうしあげます  

7月26日  晴れ

脳みそがとろけてしまいそうな暑さが 続いています。
暑中お見舞い申し上げます。

今月は 全く ブログの更新ができていない。
本当に 申し訳ないです。

一斉休漁から 今日まで 3日ほど働きました。

この数年 びっくりするほど多かったハモが
今年は  ものすごく少ないです。

何しろ 昨年は 
ハモを水槽つきののトラックで
活けの状態で 組合から 大阪中央市場に出荷したのに
市場では 関西・四国からの ハモの大量入荷で
対処しきれず 
トラックは ハモを水槽に入れたまま 和歌山に戻ってきた
前代未聞のトラブルがありました。
一晩の間に ハモは半分以上死んで 漁師は大損害でした。

一隻で 100キロ以上 
雑賀崎全体では 数トン水揚げのあった ハモが
今年は 1隻10キロ 20キロ
水揚げが 5分の1 10分の1 です。

天神まつり前ということもあって
この 非常事態に 
仲買さんも 料理屋さんも
ハモの確保に 目の色をかえて いました。

魚たちは ナイーブな生き物なので
潮の変化 水温の変化などには 敏感です。
関西の震災前後には 舌平目が 異常な大漁でしたが
ちょうど 東北で 地震があったので
そんなことも 少し 関係があるのでしょうか




暑いので こんな写真。

nanryu.jpg


消火船 「なんりゅう」の 放水訓練。
家から見えたので 撮りましたが
ちょっと 遠くて 小さいですね。

海の火を消す船は 消防関係の所属と
海上保安庁所属の船がありましすが
なんりゅうは 海上保安庁所属なので
巡視艇の役割もします。
海上保安庁所属の 消火船は
水の神様の 龍に あやかって
「りゅう」という名前が付いているらしいです。

たぶん この放水訓練は
和歌山港のみなと祭りの 花火大会に向けて。
みなと祭りは 和歌山市内では 最大級のお祭りで
毎年7月20日に 行われます。





hamonotukeyaki.jpg


もうひとつ ハモのつけ焼きの写真。

うなぎの 産地偽装問題など
腹の立つ話が 多いですね。
神戸の神港市場へは
雑賀崎からも たくさんの魚が送られています。
漁師が 命がけで獲って来たきた魚を
中間業者は いい加減な売り方していたんだね。

このハモは 偽装もなにも・・・・・
アガトコ(自分のところ)の ハモです。
「土用だし うなぎ買ってよ」と 奥さんにたのんだけれど
「アガトコの ハモ 食べときなさい!!」と
怒られました・・・・・











スポンサーサイト

category: 今日のこと

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://hamakazetusin.blog34.fc2.com/tb.php/184-719a59c2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム