はまかぜ通信 ~ Personal

紀州 雑賀崎 底曳き漁師のブログです

梅雨の間の晴れ間をぬって  

6月6日 晴れたり曇ったり

例年より4日早い入梅で
晴れとは言っても カラッとしないお天気です。
今週は 月曜日 水曜日に引き続き
今日で 3日目の 出漁です。



燃料費高騰の対策で
なるだけ少ない時間で 魚を獲って
早めに 帰港するように 心がけはじめています。




月曜日・・・・

金栄丸は ネットでの注文があるので
昼間 めぼしい魚を曳いたら 一時帰港し
魚を宅配に出して
晩に また 海老などを 曳きに行く。

マーちゃんは 昼間の魚は 市場価格が あまり高くないので
夕方から さくっと 海老曳きに出かける。

トシヒコちゃんは 今日はお天気悪くて見込みなし
と 思ったら
臨時休業を 決め込みました。


水曜日・・・・

今日も なるだけ 効率的に と 思っていたら
シモで働いていた ユタカおじさんに トラブル。

シモの漁場までは 金栄丸では 2時間半ぐらい
年がら年中 風が強く 波の高いところです。

もちろん 上手くいけば アマダイなど 高価な魚に出会えるのですが
移動に時間がかかって 網数が少なくなることと
燃料がたくさん必要なこともあり
金栄丸は あまり好きな漁場ではありません。

ところが ユタカさんは その場所が好きで
75歳の小さな身体を 物ともせず
いつも 波にゆられているのです。
「波が怖くて 漁師がつとまるか!」 とは ユタカンの言。
(波も風も 私は怖い)

いつものその場所で
海底の障害物に 網を絡ませたのは 
午後2時半ぐらいだったそうです。

何とか はずそうと 一人で悪戦苦闘。
2~3時間 奮闘したけれど どうにもならず
つくられて 40年近くになる古船は 何度も転覆しかけ
とうとう 仲間に連絡することに・・・・

ヨシヤ君の船が 視界に入ったときは
「これで まあ 命だけは助かる」と
思ったそうです。

ヨシヤ君も カッちゃんも 他の仲間の船も
なるだけ 掛かりをはずしてあげようと 
苦心してくれたらしいのですが
何しろ 強い風と 高い波で
ユタカさんは ワイヤーを切る決断をしました。

ワイヤーを 切って その先の
網や 板を 捨てると言うことは
100万円 海に捨てると 同じか それ以上の 痛手です。
ましては 歳とったユタカンに 
100万円 取り戻すだけの働きが
今後 できるかどうか・・・

それでも 仲間の身に替えることができないので
仕方のない 選択です。

ワイアーを切った場所で 仲間の船が網をやってくれ
板1枚だけ 引き上げることができたそうです。
板は2枚で 1組なので 1枚では商売にならないのですが
仲間の 思いやりです。

網を 絡ませたとき その衝撃で
船体も 引きちぎらせて
負傷した ユタカ丸は
午後11時すぎに
仲間の船に 曳航されて帰ってきました。

木曜日は ドシャ振りの中
親戚や 仲間に手伝ってもらって
ワイヤーや 網の準備をし
板は 古くて 今は使っていないものを 都合してもらい
船は 名人と言われた 船大工のヤッサンに 
修理してもらいました。


今日 金曜日・・・・

何が起きるかわからない毎日
昨日の他人の不幸は 今日のわが身にならないとも限らない。

「気をつけて 
でも なるだけ 大漁ね」と 見送られて
「そんなに 都合よくいくかいな」と
金栄丸は 出漁します。




















スポンサーサイト

category: 今日のこと

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://hamakazetusin.blog34.fc2.com/tb.php/175-309dd715
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム