はまかぜ通信 ~ Personal

紀州 雑賀崎 底曳き漁師のブログです

  

1月5日
16nen1gatu.jpg

あす6日から 沖に出る予定です。
火曜日 土曜日 祝前日は 定休です。
来月 8日は 旧暦元旦です。
来月 また 旧暦お正月休みあります。
スポンサーサイト

category: 未分類

tb: 0   cm: 0

  

1月2日 
memo.jpg

11月から 準備していたのに 漁の最盛期と重なって全く進まず 
今更年賀状を書いているお正月です。

2000年4月に「はまかぜ通信」を始めたので 今年で16年です。

昨年7月に還暦を迎えて 70歳までの あと 10年を 漁師という仕事の目安に考えています。

16年の間に 雑賀崎という集落は 加速度的に 高齢化していきました。

漁師の数は 半減しましたが 漁師だけではなく 集落の人口が ぐっと減りました。
もう 何年も前から 漁業青年部による 夏の盆踊りが行われなくなり
旧暦お正月の賑わいも なくなりました。
今春は 140年の伝統を誇る 雑賀崎小学校に 入学する1年生がいない という 噂も耳にしています。
寂しいことです。

穏やかな年の暮れを迎えたとき ふと 皆の歳をとった姿に気づき 改めて驚きました。
自分もまた 歳をとったと感じました。

ちょっと前まで 雑賀崎は 閉ざされた集落だったので 和歌山市内とは 違う 言葉や習慣がありました。
自分たちは それを当たり前だと思っていましたが これからの子供は もうそれを 知らないかもしれません。
あえて 伝えたり 残したりするまでもないことですが 思い出したとき 書き残しておこうかと思います。



日本の識字率は 99パーセント以上で ほとんどの人が 読み書きできる と言われますが
親父さんの世代の雑賀崎の漁師は 字を知らない人が多かったです。

それは 貧しくて学校に行けなかったというより 漁師が 読み書きに 重きを置いていなかったのだと思われます。
網を作るのに 網目を数えて計算しなくてはいけないので 計算はできたけれど
文字は あまり必要では なかったみたいです。

親父さんは 「金次」 という名前です。
三男坊なのに 金次とは これ如何に・・・ 本来 「金三」だろう と 思いますが
きっと 親父さんの親は キンジ と名づけたくて 漢字は 後から 適当に 付けたのだと 思います。
親父さんの お兄さんは 「政美」で 男なのに 「美」という字をつかっていましたから。

文字を習わなかった親父さんは 自分の持ち物に「キンリ」と 書いていました。
「ジ」は 画数が多いので 音の似ている「リ」と 書いていたのです。

親父さんのともだちは 「カンジ」さんでしたが 自分の自転車に 「カンリ」と書いていました。
親父さんも カンジさんも 自分の名前が どんな書かれ方しても あまり 気にならなかったみたいです。
音の方が大切だったのです。

だから 同じ名前でも イントネーションの違いによって 呼び分けしていました。
かっちゃんかっちゃん カズちゃんカズちゃん というように。

以前 雑賀崎の衣美須神社は 兵庫の 西宮社から勧請されたと言われているが 「衣美須」 と 表記するのは 全国でも ここだけ・・・と紹介したことがありますが もしかしたら あまり 漢字に 思い入れがないので 「恵美須」を 「衣美須」 と書いてしまったのかもしれないと 思いました。

category: 未分類

tb: 0   cm: 0

  

1月1日
あけましておめでとうございます
16nengantan.jpg

旧年中は ありがとうございました。
今年もよろしくお願いします。

昨年は 年頭にアクシデントがあり ご心配おかけしましたが
前年に比べて お天気に恵まれた一年でした。

台風もありましたが 大きな被害をまぬがれ
春の嵐や 冬の木枯らしでも 何日も何日もシケが続くことは少なく
特に 12月は 例年になく 働くことができました。

小さな事故がいくつかありましたが 大きな事故はありませんでした。

本年も 大雨 大風 異常気象 ありませんように。
事故が起きませんように。
良い一年で ありますように。

category: 未分類

tb: 0   cm: 0

プロフィール

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム