はまかぜ通信 ~ Personal

紀州 雑賀崎 底曳き漁師のブログです

土用  

7月26日

梅雨明けから 一気に真夏へ
土用波で 海にうねりが・・・

2014doyou.jpg

学校は夏休みになったので
なみはやビーチには 平日でも 海水浴の人々。

2014namihaya.jpg

2014namihaya2.jpg

2014namihaya3.jpg

土用波の時は ハモが大漁だという 先人の教えがあるので
勇んで出漁。

2014syuturyou.jpg

残念ながら 海の環境は変化しているので
教え通りには 行かなかったけれどね。

連日の暑さ。
海の上は 陸と違って 涼しいでしょう・・・・ って 言ってくれる人もあるけれど
涼しいわけは ない。


スポンサーサイト

category: 未分類

tb: 0   cm: 0

  

7月12日

今週は 台風接近に備えて 漁船を避難港へ移動させたので
全く出漁していません。

空梅雨も困りますが この台風の影響で また 被害がもたらされ
また 尊い命が失われたこと 大変悲しいです。
心より お悔やみ申し上げます。

2014taifu2.jpg

和歌山県にも 田辺市に台風が上陸しましたが 幸い和歌山市は 台風の進路の左側になって
一番 荒れているときで この程度で済みました。

四国から 兵庫県北上 日本海へみたいな 台風の進路の右側になるコースだったら こんなわけには行きません。
以前 そんな台風の来た時は 家の裏のアセ藪の葉が ちぎれて 一枚もなくなってしまいました。
今回は 本当に ラッキーでした。





2014hamo5.jpg

9日の晩に 水槽に活かしておいた ハモを40キロあまり 出荷しました。


西日本は ずっと シケが続いていたし
祇園祭前だから きっと 売れると 思って 勝負 かけました。

この水槽は ハモの出荷の生産調整のためにもあるのです。

2014hamo3.jpg

結果は 周囲の人が期待してくれたほど 高値はつかなかったけれど
まあ こんなものかな という価格には なりましたよ。

category: 未分類

tb: 0   cm: 1

  

7月1日

14nen7gatu.jpg

7月も ずいぶん休みがありますね。
21日は 海の日。 27日は 和歌山の 港まつりなので・・・




夏時間で 操業しているので 寄港は 夜の 8時から10時暗いの間です。

yoruiti4.jpg

6月30日の 漁果。

ryouka.jpg

タコ ヒイカ  イトヨリ アジ 鯛 ・・・・

korodai.jpg
 
↑これは コショウダイ?
雑賀崎では コロダイ って呼んでいるけれど 調べたら 標準和名のコロダイとは ちょっと違うみたい。
4キロぐらいは あった。
白身の美味しい魚。 お刺身でも 焼き物でも・・・

himeti_20140701170539b6a.jpg

↑ヒメチ。 10センチほどの小魚ながら とても美味しい。

himetisasimi_20140701170542e08.jpg

お刺身にすると こんな感じ。
生姜醤油が美味しい。

gaccho.jpg

↑ ガッチョ。
これまた 小魚ながら 人気の魚。
和歌山では トビヌメリもヨメゴチも どちらも ガッチョと言ってる。
和歌浦湾の中では トビヌメリが多くて 和歌山市より南に行くと ヨメゴチが多い。
天ぷら 唐揚げに 最高の魚。

amadai3.jpg

↑ 甘鯛。
珍しい 魚ではないけれど あまり曳かない高級魚。
この間 2キロぐらいの 甘鯛を 続けて2日曳きました。
市場への 出荷価格で 約1万円。
こういう 高級魚に 高値がつく ということは 少しは景気が回復しているってことかな。

叔父は 先日 3キロ超えの甘鯛を曳いて 2万円近くの値がついて 大喜びでした。

category: 未分類

tb: 0   cm: 4

プロフィール

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム