はまかぜ通信 ~ Personal

紀州 雑賀崎 底曳き漁師のブログです

ええトコ  

5月22日

21日は 親鸞上人の降誕会。
gotanjyo.jpg
賑やかな仏旗を掲げて お祝いします。

お誕生日だから 御飯も赤飯。
お供えは これも綺麗な 3色の餅や饅頭。
osonae.jpg

午前中には 魚供養と 海難事故で犠牲になった人々の法要が お寺で行われる。
どこの浜にも 悲しい物語は きっとあると思う。
海難事故は 忘れた頃に 起きる。他人事ではない。
鎮魂の法要が でも なぜ この日なのかは 不明。




horisan.jpg

18日の結婚式の写真もアップしておきます。

150人以上の人々が祝福に訪れる 交友の広さを感じさせる 披露パーティでした。
参加した人々皆が 幸せな気持ちになりましたよ。

いつまでも お幸せに。




先日 NHK大阪の番組『ええトコ』が 和歌山で撮影を行いました。

http://www.nhk.or.jp/osaka/program/eetoko/
eetoko.jpg

雑賀崎にも取材に来ていました。
放送は 23日20時から。
関西限定で放送されるのだと思うけれど 機会がありましたら どうぞ。

スポンサーサイト

category: 未分類

tb: 0   cm: 1

和歌祭  

5月14日

5月11日紀州東照宮の大祭 和歌祭でした。
和歌祭の公式サイトはこちら

約400年の伝統を持つ 和歌祭は 東照宮から家康公の御霊を輿にお乗せして 
和歌浦一体を練りるく 神輿渡御渡行列で
行列が始まる前の お宮から 急な階段の参道を神輿を下ろす光景が有名。

子供が小さな頃 自由研究のお手伝いで 「和歌祭」について 調べたことがある。

紀州初代藩主 徳川頼宣は 家康の十男で  老家康の手元で 大切に育てられたそうな。
家康の没後 兄貴の命令で 駿府から紀州へ転封。
和歌山入りする時 峠から この地を見て 「えらいところへ やられてしまった。山と海しかない」 と 嘆いたとか。

京の都からも 花のお江戸からも遠い 紀州で
しかし 頼宣は 「徳川頼宣 ここに在り」と アピールするために 
和歌山城を改築したり
万葉人も憧れた 神聖な土地 和歌の浦に 紀州東照宮を建立した。
・・・・で 和歌山の領民にも 「お父ちゃんの家康公は 偉い人だったんだぜ」と 認識させるために
例祭は 超豪華に おこなったらしい。

行列には 数々の芸技種目がある。
 その一つ一つが 「株」という 独立した組織になっている。
それぞれの 株が 競い合うから 行列は 年々派手になっていったらしい。
あまり 大きくなりすぎて 頼宣は お祭りを縮小させるよう 命じている。

今年は ちょうど 漁が休みになったので 久しぶりに 和歌祭を見学に行った。

12時から神輿卸が始まるのに のんびり 14時頃出かけたので 行列全てを写真に撮ることはできなかったけれど
たくさん写真を撮ったから よろしかったら ご覧あれ。

wakamaturi2.jpg

wakamaturi3_20140515112922720.jpg

白装束の若い衆に担がれた 神輿。

wakamaturi4_20140515112923f98.jpg

小さな女の子神輿も あるよ。

wakamaturi6.jpg
wakamaturi7_20140515113001ece.jpg
 
この日は 素晴らしい快晴で 山車を引っ張る子供達も 喉カラカラ。

wakamaturi5_20140515112925b3f.jpg


江戸時代後期から 渡御行列に加わったとされる 相撲。

wakamaturi8.jpg

反物を上に積んだ櫃を連尺で担ぐ行商人の出で立ちをした仮装行列 連尺(れんじゃく)
殿様の密偵の仮装か・・・と思ったけれど 密偵がこんな格好してるって わかったら 密偵じゃなくなるか。。。。

wakamaturi9_201405151130041d5.jpg

頼宣の生母が 熱心な日蓮宗徒だったところから 始まったとされる 団扇太鼓
wakamaturi10_20140515113005b52.jpg

餅つき踊り

wakamaturi12.jpg

wakamaturi13_20140515113120309.jpg

wakamaturi11_201405151131171b1.jpg


面かぶり

wakamaturi14_201405151131223bd.jpg

wakamaturi15_201405151131236be.jpg


wakamaturi16_2014051511320021e.jpg

百面と言われる この面は 鎌倉時代から 近年近世にかけて作られた 能面・狂言面・神楽面など 
現存するのは98面。
鬼や天狗のような恐ろしい顔ばかりでは無く ニコニコ顔の翁面も。

wakamaturi17_20140515113202f98.jpg

wakamaturi18.jpg

高下駄履いて 歌舞伎風の化粧をして 鳴り物を持って歩くのは 明治以降の流行りだとか。

面かぶりに驚かされた子供は 尻餅ついたり お母さんにしがみついて 大泣きしたり・・・
でも この面かぶり 終いには 飴ちゃんくれるんだよ。

wakamaturi19_20140515113204756.jpg

wakamaturi20_20140515113207c3a.jpg

舞姫。
昭和になってから 新しく加えられた種目。
もともと 綺麗どころが練り歩くだけだったところ 平成16年に振り踊りが付けられた。

wakamaturi22_201405151132334fa.jpg

wakamaturi23_20140515113235dbe.jpg

雑賀踊。
鬼面をかぶった請け棒・忠棒。
雑賀衆の仮装をしたささら踊の踊り手は 和歌浦少年サッカークラブの少年たち。


wakamaturi24_20140515113236814.jpg

wakamaturi25.jpg

薙刀振り。
薙刀を模した棒を使った 前回し 肩回し うぐいす谷渡り などの技。
wakamaturi26.jpg

薙刀振りの先生は 沿道の少年たちに 来年は 君もやってみないか と 勧誘していたよ。

wakamaturi27_20140515113302491.jpg

wakamaturi28_20140515113304d17.jpg

鎧武者。
和歌山商工会青年部の方々。

wakamaturi29_2014051511330572d.jpg

wakamaturi30.jpg

母衣。
「ショウモ ショウモ(所望、所望)」の掛け声とともに 左右に3回づつ回転する。

wakamaturi31.jpg

「どなたかやってみませんか?」という 呼びかけに 海外からの観光客も参加。

wakamaturi32.jpg

小さな子供用の母衣で 記念撮影。

wakamaturi33.jpg
wakamaturi34.jpg

唐船(とうぶね)
江戸時代の和歌祭では 関船と呼ばれる 海上の渡御行列もあったが やがて廃止され
関船で歌われていた御船唄が 山車と一体になって 唐船でうたわれるようになった。
その後 1980年代に 和歌祭が商工まつりに組み込まれた時期に 御船唄も歌われなくなり 継承が途絶えたが
2010年に関係者の方々のご尽力によって 復興された。

wakamaturi35.jpg

wakamaturi36.jpg

wakamaturi37.jpg

渡御行列のおしまいは こんなふう。
wakamaturi40.jpg

和歌祭は 伝統ある 誇り高い 素晴らしい祭りだと思う。
江戸時代には 全国から 見物客集まる 大祭だったという。

今の和歌祭は どうも集客が悪い。
地元の人が 椅子を並べて 親族や知り合いが行列に参加するのを 見られる程度のお祭り。

wakamaturi.jpg

和歌祭を うんと PRしたい一方で こんな ゆるっとしたところも 和歌山らしくていいのかも とも思う。

category: 未分類

tb: 0   cm: 0

5月の予定  

5月4日

14nen5gatu.jpg

市場休みなどの都合で 連休は6日まで 漁休みです。

20日から24日までは ご誕生日休みです。
5月21日は 親鸞上人の生誕祭で この日に 魚供養や 海難事故犠牲者の法要があります。

5月24日からは 夏時間での操業です。
朝10時出漁 晩8時~10時ぐらいに寄港します。




5月18日は 休漁日ではありませんが 金栄丸は休漁します。
友達の 結婚式で お祝いに行かせて頂きます。


会費制の披露パーティで 「平服でお越しください」・・・と招待状にありました。

平服っていうのは 普段着という意味ではないよ と 教えてもらいました。

ダークスーツが一般的というけれど 普段 スーツを着る仕事でないので
礼服より むしろ 平服の方が難しい・・・

結局 百貨店に行って スーツを新調することになりました。

ポスターのモデルさんが来ていたスーツが欲しかったのだけれど
「こういうスーツは 流行があるので もう少しオーソドックスなものを選んだほうが・・・」とアドバイス頂き
グレーの 普通のスーツです。

ホリ君 これを着て お祝いに行くからね。
いつまでも お幸せに。

category: 今日のこと

tb: 0   cm: 0

プロフィール

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム