はまかぜ通信 ~ Personal

紀州 雑賀崎 底曳き漁師のブログです

ハナフリ  

3月22日

2014higan.jpg

今日の1枚は やっぱりこれかな。

彼岸の中日の夕日には ハナガフル という ハナフリ伝説が 雑賀崎にあります。
そこで 昨日も ハナフリを見ようと 人々が集まっていたけれど あいにくのお天気で 夕日は無理でした。

今日は 朝から 冷たい北風が吹いていたけれど だんだん晴れてきたので こんな日は きっと夕日も美しかろうと
6時前から 灯台でカメラを構えて撮りました。

土曜日ということで ギャラリーは 多かったです。

2014higan4.jpg


雑賀崎の夕日は 西に 淡路島 四国が構えているから 水平線に日が沈むわけではありません。

2014higan6.jpg

最後は こんなふうに 四国の山の中に 消えていきます。

だけど 山の稜線までしっかり見ることのできる日は限られています。

空気が冴えて 今日は本当に 夕陽日和でした

スポンサーサイト

category: 未分類

tb: 0   cm: 0

  

3月20日

今日発売の 「東京カレンダー」という雑誌に
和歌山特集で はまかぜ通信も掲載されました。

tokyo.jpg
https://tokyo-calendar.com/

ウェブページも あります。

オールカラーの 綺麗な本に写真を載せてもらって
和歌山の魚たちも びっくりしているかな。

都会の人には 鮮魚って どんな風に映るんだろうね。

category: 未分類

tb: 0   cm: 0

春の海  

3月13日

鎮魂の11日には キラキラと光る海がまばゆい景色の朝を 3年前と同じように迎えました。

kirakira.jpg

同じ朝を迎えることのできた 私たちは 幸せです。

higare2_20140313151528ee7.jpeg

2014wakame2.jpg

大きな力には なれないかもしれませんが
あの日をずっと忘れない。

今はまだ 悲しみの癒えない人の心にも
いつか 穏やかな気持ちが戻りますように。

category: 未分類

tb: 0   cm: 0

3月の予定  

3月4日

14nen3gatu.jpg

2月は 本当に お天気悪い中の出漁が続きました。
こんな日に 沖に出るなら シケはないな と思うぐらい・・・

去年はマナガツオが多かったけれど 今年は見ない。
今多いのは 甲イカ。
kouika3.jpg

寒い時期なので 底物。

ankou.jpg

アンコウは 和歌山では 大きいものは少ないけれど 小さくても 今の時期おいしい。

houbou2.jpg

ホウボウは 高級魚。
鍋物や 煮付けにもするけれど もちろん 新鮮なものは 生食できます。

houbou_20140304164807dcc.jpg

「まだ 足赤 とれてる?」って聞かれます。
4月頃まで 水揚げありますよ。
ebi.jpg

category: 未分類

tb: 0   cm: 0

プロフィール

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム