はまかぜ通信 ~ Personal

紀州 雑賀崎 底曳き漁師のブログです

いつまでも 寒いです  

4月24日

今月は まだ 4日しか働いていないという 非常事態です。
とにかく お天気がわるい!!

2013kumo.jpg

「大風 シケで休んでいます」というと 
「あら 本当? こっちは 全然 風なんてないわよ」と よく 言われますが
例えば 空を見上げたとき こんな雲が ゆっくりと 動いていたら
それはもう 海上はものすごい風の 大シケです。

街の中では 風は 感じにくいし 場所によっては 山の陰だったりして
南風を感じない・北風が当たらいない・・・・という 立地のところも ありますからね。




今日は 雑賀崎の老漁師の お葬式でした。
親友の父親です。

ヤッさんは 90歳を過ぎるまで 息子と二人 底曳き船に乗り込んで 漁師をしていました。

90歳までも 大きな船に乗って 漁師を続けている人は 他に聞いたことがないと
マスコミの人が 取材に来るほどでした。

80年の漁師人生でした。

一昨日の晩 食べたものが喉に詰まっての 95歳の大往生でした。

今日は 集落の 多くの人々に送られて 旅立ちました。

旅立たねばならない日が来る 数日前に 奥さんに
「長いあいだ 世話になったが 先に行くから」と お別れの言葉を残したそうです。
お通夜の晩に 寺の院主さんも 各ありたいものだと 感心しておられました。

ヤッさん。
あっちの世界で 大好きな酒でも飲みながら 沖の安全を見守っていてよ。
スポンサーサイト

category: 未分類

tb: 0   cm: 0

長い休暇となりました  

4月11日
先週月曜日に出漁して以来 漁休みです。
木曜日 金曜日は 漁師仲間に不幸があって 沖止めになったのですが
それにしても お天気が悪すぎ。

hikarinomiti3.jpg

雲のあいだから除く夕陽が 光の道を作っていました。
こんなふうに見えていて 急に 時雨れたり 突風が吹いたり。
不安定な 空模様。
何日もシケが続くことは まま あることですが
今年は 旧暦お正月前にも 2週間働けない日が続いたし
お天気周りが良くない年なのかもしれません。

魚の届くのを待っていてくれている お客様には 大変申し訳ありません。




出漁しなくても 浜での仕事は 結構ありますが
今日は ビック愛で開かれた 6次産業化セミナーへ 行ってきました。

冬の 足赤エビは 商品に力があるので 放っておいても売れますが
夏の 鱧は 骨切り加工が必要な魚なので 誰でも欲しがる魚でも ありません。

近年水揚げが増えている 鱧を もっと 売っていくには やっぱり6次産業化って必要だよな
と 感じているのですが
どこを どうしたらいいのか わからないので 
何か きっかけになればな と思って セミナーに 参加しました。

鱧の骨切り加工をする会社 一緒に販売してくれる会社と 出会いたいなあ。


category: 未分類

tb: 0   cm: 0

4月の予定  

4月3日

13nen4gatu.jpg

月遅れ・・・っていう 風習がありますね。
4月3日は 月遅れの ひな祭り。

でも 雑賀崎では きっちり 旧暦で 節句 ということで
4月12日は 節句休みです。

ひな祭りは 「おなごの祭り」なのになぜ 漁師が 休漁するかって?
そこは 気にしない 気にしない。

category: 未分類

tb: 0   cm: 0

プロフィール

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム