はまかぜ通信 ~ Personal

紀州 雑賀崎 底曳き漁師のブログです

桜満開  

3月31日

2013sakura4.jpg

週末 和歌山のソメイヨシノは満開になりました。
土曜日 お天気は良いけれど 風は冷たく 夜桜見物は 風邪ひかぬように。

20130329.jpg
金栄丸も 上架して 船底塗料の塗り替えをしました。
今年は 旧正月に ドックできなかったので 久しぶりのドックです。

syokukae.jpg

4月からは マンガン漁ができなくなるので 魚を獲る道具の交換。
大きくて重たい道具なので 漁師仲間で助け合って 交換します。
スポンサーサイト

category: 未分類

tb: 0   cm: 2

春の嵐 そして桜  

3月19日

昨日は 春一番だって。
それどころか 春の嵐でしょう。
和歌山市でも 最大瞬間風速30m近くを記録している。
雑賀崎なら 絶対 30m超えてるね。

2013sakura.jpg

2013sakura2.jpg

その嵐の中 和歌山市 紀三井寺の標準木で 桜の開花宣言だというので
嵐から 一転 目を剥くすばらしい 春の日和の 今日 近所の桜を見てみると
やはり わずか 数輪ではありますが 花を開いていてくれました。

category: 未分類

tb: 0   cm: 0

黄砂  

3月9日

kousa.jpg

今日も 暖かい。

紀の川大橋から 紀伊水道方向を向いた写真。
黄砂の景況か なんだか ぼんやりしている。

aogisi.jpg

青岸橋のしたの方から 和歌山市内方向を 向いた写真。
赤い橋が 青岸橋で その向こうに 小さく見える 青い橋が 紀の川大橋。



南海トラフ地震が来たら 紀の川を どこまで津波は 遡るのか?

津波は 高さ19mの青岸橋を飲み込んでしまうのか?

紀の川の堤防は 切れてしまうのか?

春の日の のんびりとした 気持ちの良いこの景色も
東北の惨状を思い図ると 来るべき日までの 夢なのか。




地震なんかに 津波なんかに 負けてたまるか・・・と 誰か言ってた。
今現在 負けてたまるか と 頑張っている人もたくさんいる。

今日の日を 大切にしよう。



category: 未分類

tb: 0   cm: 0

3月の予定  

3月5日

13nen3gatu.jpg

今日は啓蟄だって。
少し暖かかった気がします。

先週は 寒かったな・・・
はやく 暖かくなって欲しい。



先月25日は 関空沖で 解禁になったばかりの いかなご漁をしていた漁船と 
タンカー船との 衝突事故があって
漁船の乗組員1名が死亡。1名が 行方不明。
海に転落して 助かった2名の漁師も 随分寒かったろうな。

タンカーには ちゃんと 水先案内人も乗船していて
前方に 漁船2隻を確認していたのに 回避せず 衝突したということで
業務上過失致死の容疑で 船長と水先案内人が 逮捕されたました。

事故があったのは 午前6時ごろ ということでしたが
ちょうど その日 午前4時50分ごろ 金栄丸も タンカーと 衝突しそうになりました。

網を入れるときは 気がつかなかったタンカー船が
網を入れ終えると まっすぐ 金栄丸に向かっていて 
1マイルを切ったところまで接近してきましたが
なんとか かわしてくれ 大事には いたりませんでした。

タンカーは 大きいし 速いし
船は 車以上に 急には止まれない乗り物なので
本当に 肝を冷やしました。

金栄丸が 漁をしていた時間と場所から考えて
もしかして 事故を起こしたタンカーと 金栄丸が遭遇したタンカーと 同じだったのじゃないかな。

紀伊水道は 交通量が ものすごく多い。

小学校の社会の時間で習った 阪神工業地帯・瀬戸内工業地域を控えて 
紀伊水道を出入りする たくさんの タンカーやフェリーの間を
小さな漁船たちが うようよ動き回るんだから 
大きな船から見たら 随分 鬱陶しいんだろうな。

こういう事故は 時折おきて 悲しい 犠牲者が出ています。

ご冥福をお祈りするばかりです。


楽しいはずの旅行先で 思わぬ災難にあったり
厳しい自然の驚異に 命を落としたり
こうして 働いていて 事故にあったり・・・・

オヤジさんなんか 心臓の大きな手術をしても 脳梗塞になっても
毎日 愚痴を言ったりしながら 暮らしていて
さすが 人間って しぶといものだと 感心するけれど
毎日 何事もなく 暮らすって
実は 以外と弱い、 もろくて ふとしたことで 壊れてしまう
奇跡に近いことなんだなあ と


category: 未分類

tb: 0   cm: 0

プロフィール

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム