はまかぜ通信 ~ Personal

紀州 雑賀崎 底曳き漁師のブログです

日本一の夕日  

9月25日

ハナフリ

また 悲しい海の事故がありましたね。

鰹漁船とタンカー船の衝突事故。

特に 鰹船が 宮城県石巻漁協所属と聞けば
行方不明の漁師のご家族は どんなお気持ちでおられるか・・・

お彼岸 仏様が 帰ってこられるという この日の夕日に
ハナガフル という ハナフリ伝説が 雑賀崎には あります。

「夕日に まるで ハナのように美しく キラキラしたものが フル」
ちょっと 昔は そういう 言い伝えがあって
じいちゃん ばあちゃんが 子供のころは それを見たという人も有りました。

それから 茶色い戦争があって 毎日食べるのに 一生懸命な時代があって
やがて 経済の高度成長 大量生産 大量消費
景気のいい時代がやってきて だけれど 公害 環境問題・・・・

10年ぐらい前からかなあ 
雑賀崎ルネッサンスがやってきました。

ふるさと見直し ふるさと再発見。

ずっと 忘れていた ハナフリを 思い出してきて
イベントもやっています。
今では 花なのか 華なのか 降るのか 振るのか もう定かでないのですが
夕日の美しさは きっと 昔も 今も変わっていないと思います。


22日は 曇って 夕日が見えなかったけれど
写真は 23日の夕日。

この 美しい夕日が 今年は 辛い。

スポンサーサイト

category: 今日のこと

tb: 0   cm: 0

崩落事故  

9月23日

houraku.jpg

今朝は 雨が降っていて 漁は休みになりました。
日曜日は あまり 出漁しませんけれどね。

21日午前6時半ごろ 雑賀崎トンネルの南側の斜面が 高さ20m 幅30mにわたり崩れ
直径約3mの岩が5個 ほか たくさんの落石で
雑賀崎から 田野浦へ抜ける 市道に転がってきました。

市道の岩は 片付けられましたが 
まだ 落石のおそれがあるので 交通止めです。
トンネルを抜けて 雑賀崎と田野浦を行き来することは できません。
回り道が必要です。

親子つりパークも 当分の間 閉鎖です。
再開の日時は 未定です。

21日の 早朝で よかった・・・ 

現場は 親子つりパークの 駐車場のところです。

もし 1日遅く 22日だったら 土曜日で 祝日で お客さんも多いだろうし
朝から 車を止めている人があったかもしれない。

早朝でなかったら そのあたりを 運動のため歩いている人もたくさんいるし
岩の下敷きにならなくても ピンポン玉程の 小石がぶつかってきたとしても
大怪我になっていたに違いない。

秋の 連休で 釣り客が見込めるところ 釣り公園の閉鎖は 大きな痛手だけれど
不幸中の幸いと 言わずに居られません。

category: 今日のこと

tb: 0   cm: 2

避難港へ  

9月15日

虹

大きな虹


台風接近で 船は 雑賀崎工業団地の避難港へ移しました。

台風の影響か 不安定なお天気。
太陽が出ているのに にわか雨・・・で 大きな虹。

写真は 雑賀崎 東組の駐車場前から 築港を望んだところ。

向こう側が 和歌山市内。
市内は まだ 雨が降っているのか 暗い。
空気が澄んでいれば 和歌山城まで見える方向なんだけれどね。

夕方5時前でこれだから 日が暮れたら 雑賀崎の上のほうからは 市内の夜景が見えます。
美しいです。でも 暗いです。

暗いから 夜空が美しく見えます。
月が 都会の 数倍輝いて見えます。




昨日 お世話になっている わいわい市場のセミナーで 
はまかぜ通信の ホームページを コンサルタントの濱田智司先生に
チェックしていただきました。

いろいろ アドバイス頂いたいのだけれど
ブログでも ページを開けたとき レイアウトを考えて 適当に記事を並べず
まず つかみの写真が 欲しいんだって。

・・・・というわけで 今日は 虹の写真からなんだけれど
そうそう いつも 面白いことがあるわけじゃないし
これは 難儀な話です。

プロフィールの写真も ニコニコ笑って 歯をみせたやつ と言われたけれど
これも 無理だな。

できれば 黒いキャップをかぶって 顔は 半分隠したい。
ジャケット着て ズボンのポケットに 手を入れて 海をバックに防波堤に立ったところを
下から撮って欲しい。
高倉健さんの イメージで。

NHKの 先週の土曜日と 今週の月曜日
たいして内容の変わらない 高倉健さんの特集を 2つとも
録画までして見てしまった。
格好いいなあ。格好良すぎる。

80歳になって ああいうふうに なろうとおもったら
健康とか 勉強とか すごく努力しているんだろうな。


category: 今日のこと

tb: 0   cm: 0

  

9月10日
秋 高原に吹く風は すすきを揺らすのか 雲を流すのか
悲哀を帯びた さみしい風。

今日 浜に吹く風は 温かい海の水をふくんで
ジメジメ ベトベト まだまだ暑い。

漁は休みになりました。


kyuryoubi.jpg

浜のテントは 情報交換 漁師たちの社交場。

朝 出漁するか 休漁するか決まるまでの時間
そして 休みが決まって 仕事がないときは テントの下で
いろいろな 情報が 飛び交います。



昨晩から 懐かしい便りと 思いもかけない訃報を聞いて
なんだか 落ち着かい 一日でした。

category: 未分類

tb: 0   cm: 0

  

9月4日

一昨日 昨日と出漁しました。
夏は ハモか 小エビが 主な水揚げ。

底曳き漁なので 主要な魚以外にも いろいろ網に入ります。

ebodai.jpg

エボダイ。 
和歌山では うぼぜ と言います。
これが水揚げされ始めたら 秋になったな という感じ。


kouika_20120905000526.jpg

甲イカは まだ小さい。 ほんの数センチ。
調理するのが面倒だけれど これが 柔らかくて 美味しい。
市場での価値は低いけれど 漁師は好んで食べます。

aji_20120905000528.jpg

アジも 美味しそう。

sabafugu_20120905000524.jpg

サバフグも小さいけれど このごろ 上がっています。

gingameaji.jpg

これは 多分 銀カメアジ。
白身の淡白な魚です。

gouu.jpg

昨日と 一昨日は 夕方 ものすごい豪雨でした。
雷もピカピカ ゴロゴロ そのうち ドスン と どこかに落ちるので
恐ろしい 恐ろしい。





和歌浦湾に この数日帆船が停泊しています。

kaioumaru2.jpg
kaioumaru3.jpg
kaioumaru.jpg

航海訓練所の 練習船 海王丸。

こんな 格好のいい船が大好きなので
網を洗って 仕事をしながら
1時間半ぐらいかけて 前から撮影したり 後ろに回ったりして 撮りました。
船がゆれるから 後でみると ピントの合わない写真が多くて・・・

3枚目の写真は 背景に 和歌浦や双子島が写りこんでいて 
よく撮れたのではないかな 

category: 未分類

tb: 0   cm: 0

9月の予定  

9月1日

今年も 「明けましておめでとう」と思っていたら もう
2/3終わってしまったんだなあ。

9月の予定です。
12nen9gatu.jpg

9月30日は 雑賀崎小学校運動会で漁休みです。

9月は 毎年 台風で お天気悪くて 出漁できない日がおおいです。

20120901.jpg

風がよく吹いているのか 今日も 対岸がくっきり見えます。

変わりやすいお天気で どこかで 大雨警報が出ているらしい。
入道雲。
突風・雷・集中豪雨に 注意。


category: 未分類

tb: 0   cm: 0

プロフィール

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム