はまかぜ通信 ~ Personal

紀州 雑賀崎 底曳き漁師のブログです

小エビ  

6月25日

台風無事通過して ホッとしたからの 雨 
まあ よう降りました。
夕立のような 土砂降りではないのですが
よう降る雨やなあ・・・・というのが ずっと続いて 小降りにならない。
普通じゃないな と 思いました。

翌朝 船に行ったら 仰向けに置いてあったコンテナに 一晩の間に 水が溢れんばかりに溜まっていて 
びっくりしました。

昼に家に戻って テレビをつけて また ビックリ。

岡崎の免許センターあたりは ひどいことになって テレビで報道されていました。

用水路に落ちて流されたり 稲が倒れたりすることのないように 願うばかりです。




金曜日は 台風の後 まだ 波の残っているうちに漁をしたら 魚が入るから・・・と
出漁しました。
金栄丸は エビ曳きでしたが ハモ曳きに行った人たちも
今年初めて まずまずに 水揚げのようでした。

これからは ハモと 小エビのシーズンなのですが
小エビは どうやって食べますか って 聞かれること ままあります。

夏の小エビは 和歌山では そうめんのだしにすること 多いですよね。

それから かき揚げとか ゆでて サラダとか・・・

nasukoebi.jpg

小エビのだしで 茄子を炊いたのとか よくある家庭料理かな。

koebi_20120625174350.jpg

皮をむいた小エビを 包丁で叩いて みじん切りにしておく。
小エビのミンチってこと。

これは 丸めて 吸い物の種にしてもいいし
野菜と混ぜて 春巻きに入れても 美味しいです。

koebi2.jpg

小エビは 皮をむくのが面倒 という方もいるけれど
味が濃くて 美味しい。

7月になると 一回り大きくなると思うので おたのしみに。

スポンサーサイト

category: 未分類

tb: 0   cm: 0

台風4号無事通過  

6月20日

台風4号は 予想進路を少し東にそれて 和歌山市内には あまり大きな影響なく 無事通過してくれました。
室戸台風の再来か・・・・と 雑賀崎では かなり警戒していました。
若い頃 室戸台風で 家が飛ばされたり 浸水したりということを
目の当たりにした人たちが まだまだ現役ですから。

船を避難港へうつすだけでなく 
住居の周りも 台風を迎える準備をしていましたが
骨折り損になってくれて 本当によかったです。

この台風で 被害に遭われた方もあるのに 申し訳無い・・・
心より お見舞い 申し上げます。




台風前の 先週 木曜日 金曜日 太刀魚を曳きました。

和歌浦湾で水揚げしたものにしては 結構 大きいのが 多かったです。

tatiuo_20120621092313.jpg


鯛や平目など 高級といわれる魚はありますが
太刀魚は 結構人気がある魚です。

栄養成分は、カリウム、ビタミンA・D・E、オレイン酸、不飽和脂肪酸のEPA・DHAが含まれ
リンやマグネシウムも含んでいるそうです。
よくわからないですが 要するに 身体にいい魚ということでしょう。

そして 白身魚なので 焼く・煮付ける・生食
和・洋・中・と どんな料理にも 活用できます。

ネットで検索したら 太刀魚料理って 沢山あるのですね。

新鮮な太刀魚は 刺身にすると 美味しいです。

tatiuosasimi.jpg

塩焼が一番好きなんだけれど そればっかりじゃ飽きるので
3枚におろして 照焼にして 押し寿司も作ってもらいました。

tatiuobouzusi.jpg

甘辛っていうのも 日本人は だいたい好きな味だから
このお寿司は 万人ウケする。

うなぎ高騰のおり お試しください。


category: 未分類

tb: 0   cm: 2

ハモ天にょろにょろ弁当  

6月13日

悪い天気ではないけれど みんな元気がでなくて 今日は漁休み。
夏は いつも こんな感じかなあ。

月曜日に出漁しました。

iwasi_20120613212113.jpg

キビナゴっていうのかな。
イワシの子なのか・・・
年に1度か2度ぐらい 曳くときがあります。

だいたい 自家用。

iwasitenpura.jpg

梅肉をはさんで 大葉と一緒に 天ぷらに。

小さいのは 頭をとって 骨ごと酢に漬けました。
食べる時に ちょっと 醤油を落として。

鱧のあがりも 天ぷらにしました。
あがり というのは 水揚げ後に死んでしまった魚のことです。

活けとちがって 身が柔らかいので 湯引きには向かないかなあ。
でも 天ぷらには 十分使えるので 自家用で。

娘の勤めているスーパーの 「お弁当コンテストに 出そうぜ。」 
と 100均のお弁当プレートに並べて写真撮ってみました。

鱧を もっと 売って行きたいから プレゼンって言うのかな
湯引きや鍋以外の 食べ方を提案していかなきゃね。

hamoten (2)

弁当に名前をつけなきゃいけないので
「なんて名前にしよう?」と言ったら 
娘は 「ハモ天にょろにょろ弁当 は?」だって!!

にょろにょろ ってつけたら 絶対売れないよ。

category: 未分類

tb: 0   cm: 0

オールナイト  

6月9日

20120610.jpg

今日の夕日は 綺麗だったよ。





この時期 毎年 魚を曳くのに苦悩します。

海に 魚は少ないし クラゲやヒトデで網ができなかったり
水揚げした わずかな魚の値が思わぬ安値だったり・・・

そうなると どう働くか 考えるところ。

一般には この時期 午前10時出漁 午後10時頃までに寄港なのですが
午後3時に出漁して 翌日 朝 8時ぐらいまでに寄港する オールナイトの漁も 許されています。
但し オールナイト漁は 2日に1回しか 出漁できません。

今週は 水曜日は普通に 出漁したのですが 
木曜日は 午後3時から オールナイト漁に出てみました。

allnight.jpg

もっと 水温が上がっていたら 鱧なんだけれど
今年は 水温低くて 鱧は 一晩かけても 10本ぐらい。

シラサえび20キロ弱。
足赤えび 3キロ~4キロ。

太刀魚・イシモチ・コノシロがいっぱい。

操業時間が長いので 水揚げの量も多いけれど
燃料もかなり使うし ケタや網などの 漁具も傷める。

身体は がたがた。

海も傷めるし やっぱり この働きは まずいんじゃないかな。

2日に1回の漁なので 連日出漁するよりオールナイト漁の方が得意だという漁師もいるけれど
金栄丸は ダメかも。

category: 未分類

tb: 0   cm: 0

6月の予定  

6月2日

12nen6gatu.jpg

17日は 父の日で 沖は休みです。




2012natusyuturyou.jpg

6月より全船板こぎ漁です。

この前まで それほどでもなかったのに 
1日に出漁したところ クラゲでクラゲで 仕事にならない!!

2012natu3.jpg

なんだか 水揚げが上がらなそうな 魚ばかりで・・・

2012hiika.jpg

ヒイカも曳きました。
美味しそう 

2012natu2.jpg

黒鯛は たくさん曳きました。




毎年 この時期になると クラゲが大発生して 漁師泣かせ。

仕事にならなくて 大変なんだけれど・・・・

今の時期 魚たちは 卵を産んで増える時期。

クラゲは そんな魚たちを 捕られないようにして 
海を守っているのかもしれないな と 思う。

人間は 欲深いから 魚が捕れれば 必要以上に 水揚げしてしまうからね。



category: 未分類

tb: 0   cm: 0

プロフィール

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム