はまかぜ通信 ~ Personal

紀州 雑賀崎 底曳き漁師のブログです

カニをくくる  

11月25日

11月の上旬は 良いお天気に恵まれ エビの大漁が続きましたが
中旬以降 お天気は 冬型の気圧配置で シケが多かったです。

今週は 水曜日 一日出漁しただけで
それも 雨の中 仕方なしの漁でした。



kani.jpg

この数年 和歌浦湾にすっかり カニが居なくなっていました。
去年 大阪湾では 渡り蟹が大漁と報じられていましたが
和歌山では ばったりでした。

ところが 今年は カニが 少し 戻ってきています。
大きさは 小さめですけれど・・・・

写真右に 紋が3つあるカニ。 モンガニ。
写真上の トラ模様のカニ。 シマイシガニ。
どれも 渡り蟹の仲間です。

北海道のカニとか 日本海のカニなど 大きなカニは 食べ安く 人気がありますが
この 渡り蟹たちは 型は小さくて 身を取り出しにくい欠点があります。
しかし 身のきめ細かさ 美味しさは 格別です。
渡り蟹ファンは 多いです。

我が家の娘たちも 大型のカニたちの身は まるで カニカマボコを食べているみたいと
渡り蟹ファンです。




カニは ハサミで挟まれると 痛いし 怪我をするんだけれど
他所の漁協ではどうやって出荷しているんでしょうね。

雑賀崎では 大抵 カニのハサミを 糸でくくっています。

[広告] VPS


糸は 枷で買ってきて かまぼこ板に巻いています。

簡単そうにくくっていますが 結構コツがありますよ。
スポンサーサイト

category: 未分類

tb: 0   cm: 2

直販  

11月16日

昨日から 冬型の気圧配置で 北風強く シケです。

13日 日曜日 寄港後の浜で 魚の直販会が 行われました。

chokuhan.jpg
chokuhan2.jpg
chokuhan3.jpg
chokuhan4.jpg

まあ えらい人で びっくりしました。
やっぱり 新聞 テレビで 宣伝したからなあ。


1足赤エビの最低販売価格を 通常1キロ3000円と 申し合わせているところ
この日だけは 1キロ 2500円で 販売しましょう ということで
足赤エビが 飛ぶように 売れていました。


13日に限らず 寄港後の浜では 船から 魚を直接買うことができます。
どうぞ 雑賀崎の浜に 遊びに来てください。




category: 未分類

tb: 0   cm: 0

11月の予定  

11月6日

すみません。
またまた 更新遅れました。

11月の予定です。
11nen11gatu.jpg

来週の日曜日 13日は 帰港後 浜で 魚の即売会をする予定です。

お天気悪くて 出漁できなかったら 即売会も 中止です。





急に 足赤えびの 水揚げが増えました。

わいわい市場の 御歳暮キャンペーンも 始まったので
足赤えびのページを 少し 真面目に作ろうと
料理の写真を 撮りました。

この前 わいわい市場の勉強会では
やっぱり いい写真は 一眼レフで撮らないと・・・
って 言われました
大昔の フィルム写真用の 一眼レフカメラはあるんだけれど
きょうび流行りの デジタル一眼を揃える余裕は 今のところないので
お手軽 携帯で写メった 画像で 失礼します。

ebisasi.jpg
新鮮な 魚は 刺身が一番。

ebiten.jpg
ボリューム満点。海老天。

asiakasioyaki.jpg
塩焼きにすると 味が濃くなって これまた美味。




フードコミュニケーションプロジェクト 和歌山ブランチ。
来年2月 大阪での 和歌山産品商談会があります。
に向けての 商談会シート制作で
足赤えびが 食卓へ上がるまでの イラストもつくりました。

初めて パワーポイントというのを 使って作ってみました。

seisankouteiasiaka.gif

どうですか?
雰囲気伝わりますか?

本当は 商談会シートには 製造工程を表記します。

梅干だったら 厳選した南高梅を漬けたり 干したり 
しらす干しだったら 茹でたり 乾燥したり と
いろいろな 製造工程があるけれど
うちの エビ
沖に行く→獲る だけですからね。

まあ こんなものか・・・・

category: 未分類

tb: 0   cm: 0

プロフィール

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム