はまかぜ通信 ~ Personal

紀州 雑賀崎 底曳き漁師のブログです

ミミイカ  

4月21日 風時々雨

2009mimiika.jpg

先週の反動か 今週は 日・月曜日と すでに2日出漁。
でも 水揚げは 非常に少ないです。

片付ける魚も少ないため
写真を撮る時間があったので
かわいい ミミイカを撮りました。

写真は ほぼ 実物大。
甲の部分は 2~3センチの ちいさなイカです。
今の時期 甲の中に卵があるのが
透けて見えます。

検索したら Web上に 結構記事がありますね。
雑賀崎では 醤油で煮付けるか
茹でて ポン酢か何か つけて 食べます。
好きずきですが
私は ヒイカのほうが 好きです。


スポンサーサイト

category: 未分類

tb: 0   cm: 2

ラジコンカー  

4月18日 晴れ

今週は 良いお天気が続きましたが
最近まで 漁師をしていた クウさんが 亡くなったこと
漁に出ても クラゲ クラゲで 仕事にならないこと
いろいろ あって 1日しか 出漁しませんでした。

クウさんは 親父さんの酒飲み友達で
ブログ写真にも たびたび登場していた いいおじさんでした。

酒を浴びるように飲んでいた 昔の漁師仲間たちは
どんどん 先に逝ってしまって
とうとう 親父さんひとり こちらに 取り残されてしまいました。




漁に出ない分 いろいろ 雑用に追われていました。

家の 外壁の コーキング。
コーナンで コーク剤を買ってきて
傷んでいるところの 塗りなおし。
2階の出窓の上なんか
ちょっと 命がけかも・・・・ と 思いましたよ。

家も 10年たつと 傷みが目に付きますね。

それから この前から 掛かっている
トイレの水洗化の 雑用いろいろ。
汲み取りの便槽を埋めてもらう 作業。

家の中に 介護用の 手すりをつける作業。

なれない仕事は ヘンに力が入るのか 肩凝りました。




先日から 家の中を コチョコチョ片付けていると
いろいろな 古いものが 出てきました。

toransiba.jpg
rajikoncar.jpg

たぶん 小学生の 低学年ごろですから
今から 45年ぐらい前の
トランシーバーの おもちゃと ラジコンカーです。

子どものころから 機械もの が 好きだったので
小さいころ こんなものを いくつも 買ってもらってありました。
大きくなってから いとこに ほとんどやってしまったので
今 家に残っているのは コレだけです。

今は この手の おもちゃ 中国製で 手ごろなお値段でありますが
当時 かなり 高価な おもちゃだったと思います。

ことによったら 親父さんの 漁の水揚げの 
一日分ぐらいだったかも 知れません。

無学で 酒飲みで 短気で喧嘩っ早く
無鉄砲で 仕事にだけは厳しい・・・・
そんな 親父さんでしたが
こんなに 息子に 甘い 一面も あったんだと 思い出しました。

そういえば 沖から帰って クタクタなのに
難しいプラモデルを作るの 
夜なべで 手伝ってくれたことも ありました。

脳梗塞以後 歩行困難 耳は遠く ガンコは一層増すばかりの 親父さん
 世間の人には
「酒飲みの 死に損ないジイさん」 でしか ないかもしれませんが
古いラジコンカーが 私には
まあ なかなかいいとこもあった 親父だったと
思い出させてくれました。



category: 今日のこと

tb: 0   cm: 3

うわさのネコ  

4月11日   晴れ

うわさのネコ

コレが 今 浜で うわさのネコです。

というのも このネコちゃん 
野良ながらも 漁船が帰港すると 
船の前で エサが欲しいと 
ニャーニャー鳴くのです。

釣り人にも ニャーニャー魚を せがんでいます。

作業が終わって 漁船に 人気がなくなると
網に付いた 魚を狙って
船に 飛び乗ります。

漁船が 岸壁と 1メートルぐらい離れていても
平気で 飛び移ります。

この前は
このネコが 船に乗っていることを知らずに 出漁し
ヨリヒデくんは 闇夜に光る目が嫌だと
とっ捕まえて 陸に戻したらしいですが
金栄丸に乗り込んでいたときは
逃げ回られて 捕まえられず
とうとう 1日 一緒に 沖に行って来ました。
波のある日で 船が揺れて 恐ろしかったのか
ニャーとも言わずに 船の隅に潜んでいました。

ネコかきで 多少 泳げるとはいえ
現在の漁港は 磯がなく 岸壁ばかりで 
一度海におちたら 
ネコの身体では コンクリートの壁を よじ登りにくいだろうに
いつか 海に はまらなければ いいのだけれど・・・・

category: 今日のこと

tb: 0   cm: 2

ガッチョ   

4月9日 晴れ

このところの 暖かさで 市内の桜は 一度の開花しました。
です。

sakuarnokyuji
高津子山のふもとの 雑賀グラウンドも 桜満開。
ちいさな球児たちが 無心に球を追いかける姿は
春の風のように さわやか。




お天気よく 連日出漁しているので
海の中は 空っぽになってきました。
そんなわけで 今日は 凪にもかかわらず
漁休みでした。

gaccho2

最近の 地魚・雑魚ブームで
人気の高いのが このガッチョ (ネズミゴチ)。
「ガッチョ」で 検索すれば いくらでも 記事が出てきます。

10センチほどの 小魚にして
なんとも 間抜けた可愛い顔!!

gaccho

唐揚げ 天ぷらなどの種として
キスにも負けない 1級品にランクされていますが
最近の 湾岸線整備等 海をめぐる環境の変化で
和歌浦湾でも 激減しています。

新鮮なものは もちろん 生食できます。
gaccho3
わさび醤油でもいいけれど
紀州名物 南高梅干しの梅肉で食べても
これまた おいしいです。




しんわいわい
新わいわい市場 いよいよオープンしました。

自分のページを とりあえず 3月末までに 作って
中身 まだ 完成でもないけれど
暫定オープンでも まあいいか・・・・・
それより ちょっと 漁師業が忙しい・・・・・と
のんびり構えていたら
「わいわい市場に お宅のサイトがありませんよ」と
メール 頂きました。

原因は テスト開店モードを 開店申請するという作業を
忘れていたためです。

メールありがとうございました。

この 「新わいわい市場」。
和歌山県庁 農林水産部 食品流通課の 主催ですが
直接運営している IT会社が 
今まで 和歌山市のS社でしたが
4月から 田辺のM社に 替わりました。

説明会では
「わいわい市場の売上 5倍 10倍に・・・・」
と 意気込んでいましたが
ちょっと そういうの 肌に合わないかな。

自分で作りこめるページが どーんと増えたので
楽しみといえば 楽しみだけれど
漁師業の忙しいときは しんどい。

ブログも もう一つ こしらえなきゃいけない事になって
小学生が 「日記に書くことない」って 頭抱えるように
「そうそう 毎日 面白おかしい事件があるわけないだろう・・・」と
今から心配。

なにより わいわい市場の出店費 値上げされた上
「一つ商品売れるたびに マージンよこせ。」とは
県庁の仕事とは 思えない 
受益者負担主義!!

仕方ないので 一応 消費税分 代金に上乗せさせていただきましたが
その分 中の 魚で お返ししますので
勘弁してください。





わいわい市場の中を のぞいたら
雑賀崎の さんまやさんも  同様の鮮魚セットを出店しているので
商品名も 『鮮魚3000円セット』じゃなくて
「土曜ワイド劇場」級の 長い商品タイトルをつけてみました。

きっと さんまや社長の トミちゃんも  笑っていると思う。

あとは コレと言った 定番商品が あるわけでもないので
なんだか イメージを売る あやしい店になってしまいました。

なにしろ 商品紹介が少ないのに
トップページの 講釈が 長い。
・・・・・入学式の 校長先生の話みたい・・・・

こんなサイトで 魚買ってくれる人は エライ!! と思う。

もうちょっと 作りこんでいきたいので
(シケたらやります)
こうした方が分かりやすい とか ありましたら コメントお願いします

新わいわい市場  はまかぜ通信
http://shop.wakayamaken.jp/hamakaze/


category: 今日のこと

tb: 0   cm: 9

プロフィール

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム