はまかぜ通信 ~ Personal

紀州 雑賀崎 底曳き漁師のブログです

6月の予定  

5月31日 曇り時々雨

アシアカ海老や 平目を獲る ケタ漁は
5月一杯で 終わり
6月からは アジや カマスや 太刀魚
夏には ハモを獲る 板こぎ漁が始まります。




6月の予定です。

8nen6gatu.jpg


6月15日は 父の日で 漁休みです。

父の日だからと 仕事を休む漁師も珍しいかもしませんが
さいかざき幼稚園の 授業参観が あるからなあ。




2008kani.jpg


雨が多い季節
今年初めて 蟹を見かけました。
子供の頃は 通学途中の山道に 
いくらでも いたものです。

写真を撮ろうとおもったけれど
逃げ足が速く 
ボケボケの写真になってしまいましたね。



スポンサーサイト

category: 雑感

tb: 0   cm: 0

漁業就業支援フェア2008  

5月29日 雨のち曇り

昨日は ご誕生日休み終わって初めて出漁しました。
が 予報どおり お昼前から ひどいお天気に変わって
風はきついし 波は高いし 
続々と 操業を中止して 帰港始めたところ
シュンさんの船が 貨物船と衝突してしまいました。

幸い 双方に 怪我は無く
船も修理可能だったのですが
他にニュースが無かったのか 
新聞には大きく取り上げられるし
ネットのニュースにもなったそうで
皆さんに ご心配頂 ありがとうございました。





2008ryousininaritai.jpg


今年も 漁業就業支援フェアのお知らせ依頼がありました。



□□□□□ 漁業就業支援フェア2008 開催情報!! □□□□□


●漁業就業支援フェア2008
本フェアは、漁業就業を希望している者と、担い手を募集している漁協
・漁業会社とのマッチングを行う場です。このフェアに参加すると、
現場の生の声を聞くことができ、漁業に関する様々な情報を集めることが
できるほか、担い手を募集している漁協や漁業会社にて、まずは研修生
(最長6ヶ月)として漁師になるための技能やノウハウを学ぶことができるので、
未経験者でも大丈夫です。

名称:漁業就業支援フェア2008
主催:全国漁業就業者確保育成センター
共催:社団法人大日本水産会・全国漁業協同組合連合会
後援:水産庁
開催日:
①東京会場 :2008年5月31日(土)東京国際フォーラム ホールD7
②名古屋会場:2008年6月 7日(土)第二豊田ビル(西館) 第二豊田ホール
③福岡会場 :2008年6月14日(土)福岡ファッションビル Bホール
④大阪会場 :2008年7月19日(土)大阪マーチャンダイズ・マート(OMMビル)Fホール
⑤東京会場 :2008年7月26日(土)東京国際フォーラム ホールD7

開催時間:12時30分受付開始、15時30分受付終了(入場無料・服装自由)
問合せ先:全国漁業就業者確保育成センター 中村・南家
     TEL03-3585-6319

漁業就業支援フェア2008ホームページ
http://ryoushi.jp/

□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□





お知らせしておいて こんなことを書くのは
大変心苦しいのですが・・・・

みなさん どんなイメージをお持ちで 
漁師になりたいのかわかりませんが
漁師は 淘汰される時代になったな と 思います。

原油価格の高騰で
燃料費は かさむばかり。
鉄の値上がりも著しいので
エンジンも バッテリーも ワイヤーも値上がりです。

魚は・・・・
水揚げ減少傾向だというのに
尾頭付きの 小型の魚に 値が付かない!!

これからがおいしい イサキが
値崩れしている というニュースを
新聞で読みました。

イサキは 金栄丸の網には 入らないのですが
小型魚が不人気と言うのは
イサキに限ったことでは ありません。

「このご時勢 うかうか 船も沖にだせない」と
浜での話は 冗談半分 本気半分。

どんな就職活動でも そうでしょうが
就職先のことは 十分研究しましょう。












category: 雑感

tb: 0   cm: 0

ご誕生日  

5月21日 晴天

今日は ご誕生日です。
親鸞聖人の 降誕祭を 雑賀崎では そう呼びます。

玄関には 仏旗を立てます。

2008gotanjyoubi.jpg


それに ちょうちんと ひょうたんと 松を飾るところが
雑賀崎流なのかも・・・

お寺で 魚供養と 海難水没者の法要が行われます。

漁は 土曜日まで お休みです。






category: 今日のこと

tb: 0   cm: 0

初夏  

5月17日 晴れ

初夏と言って良い さわやかな一日でした。
今週は 3日働きました。

週中に 台風2号が 太平洋沖を通過したため
一時的な大雨や 雷などありましたが
海は うねりが高く 海中をよくかき回したようです。
おかげで 今の時期珍しく 
こんな大きなコチを3尾 曳きました。

2008daikoti.jpg


例年はもう今の時期 非常に少ない アシアカ海老も
いまだに 水揚げあるので 変な感じです。

ミャンマーのサイクロンも 
中国四川の地震も
もちろん和歌山の海の中とは 
直接関係ないと思うけれど
どこかが ちょっと 違うのかな。

そう言えば えんどう豆をつくっているおじさんが
今年は 閏年だから
豆の出来が悪い と 言っていましたが
・・・・豆の出来と 地震は 関係ないかな?




昨日 金曜日は 漁の道具が壊れて
漁果は バッタリ。
すぐに 魚の片付け終わってしまったので
皆の様子を パチリ。

tokichan.jpg


syokuro.jpg


hosizame.jpg



スミちゃんがもって帰っているのは ホシザメ。
頭を落として 内蔵を出すところまでは
船の上で 料理してあります。
ホシザメは 大阪南部から 和歌山北部では
洗いにして良く食べられています。




category: 今日のこと

tb: 0   cm: 0

連休は いかがでしたか  

5月8日 晴れ

連休中に ブログに不具合が生じて
更新できずすみません。

インターネットエクスプローラーの 詳細設定で
何かの拍子に チェックが一つ外れていたらしいのですが
FC2ブログの担当者の方には お世話になりました。




連休は いかがお過ごしでしたか?

「漁師でも 連休 漁を休むんかい?」と
お得意さんの ナカムラさんの ご主人に言われましたが
無茶言っちゃ困ります。
中央市場が休みですから
漁師も 船を沖には 出せません。

5連休と言っても  漁師には 多々ある休みで
草刈など 雑用に追われましたが
2日には 『連中』のヒロオさんの 『気晴ら』しに 
友だち夫婦5組で 外食に 行きました。




『連中』とは 雑賀崎に古くからある制度で
いわば義兄弟の契りを交わした
友だちの中でも 親類づきあいをする 特別な 幼なじみです。

『気晴らし』とは これもまた 古くからある習慣で
入院や 事故 親しい人が亡くなる など
何か 不幸なことがあったとき
「元気出して また がんばりましょう」という
励ます会です。
食事会をしたり ちょっとした 旅行に行ったりすることもあります。

先日 ヒロオさんの 親父さんがなくなったので
その 『気晴らし』の 外食でした。




どなたにとっても 親を失うことは 
なんとも言われぬ悲しみに満ちたものでしょう。

私たちの連中は 全員 中学を卒業と同時に
漁師になって それぞれの 親父さんと 沖に出ました。

乗り習いの頃の 親父さんたちは 頼もしく
どんなに風が吹こうと
どんなに 波が高かろうと
星と遠い仲間の漁火だけの 
真っ暗で吸い込まれそうな夜の海も
親父さんと 一緒なら 
安全で 心配の要らないもののような 気がしました。

やがて 子供は 成長し
所帯を持つころになると 
ちょっと 生意気になって
仕事の上で 親父さんと衝突するようになります。
思うような 働きのできなかった日には
夕餉の酒が過ぎて 
大きな声での 言い争いに成ることも しばしばです。

「わからずやの ガンコ親父め」
「時代が違うんだよ」

しかしながら 親子船の親子の関係は 密接です。
親子同業の仕事をしている人は たくさん居られると思います。
その中でも 漁師の親子は
他に誰もいない 船という限られた空間に
一日 十数時間 2人だけで 作業をしているのです。
とくに会話はなくても
お互いのことは 知り尽くして 
阿吽の呼吸で 仕事が 進んでいくのです。


あるとき 親父さんの背中が
急に 小さくなってしまったことに 気がつく時があります。
些細な作業に しそこないをしたり
沖での 急な天候の変化に 今までなら
「こんな風で 帰れるか」と 怒っていたのに
「何か起こる前に 帰ろう」と そそくさと 舵を港に向けたり・・・・

そして 親父さんが船を下りる日は 
全くドラマチックなこともなく やってきます。
ちょっと 体調が悪かったり 人さまざまなきっかけですが
息子が漁師をしていれる人は 船を処分することもないので
「また いつでも 沖に出られる」と
そんな気持ちがあって
わりと あっさりと 船を 下りるのかもしれません。

「また・・・」という日は
なかなか 訪れることは ないのですが。




沖での事故で 親父さんを失った友達もいますが
たとえ 年老いて 申し分のない年齢で 逝ったとしても
親父さんを失うと言うことは
自分の身体の一部を失ったような
喪失感があると 
悲しいと言うより 妙な気持ちだと
そんな様なことを ヒロオさんが言っていました。
やがて 私にも その気持ちが分かるのでしょう。




連休が終わってから 7.8日を出漁しました。
今年は まだ アシアカ海老 があります。
どうも 何かが違う。
これからの漁果が心配です。

そうそう。
連休中に 釣りに来てくれた
ホリさんの 様子を アップしておきましょう。
この後 2人で 遅くまで 飲みに行ってしまったので
奥さんたちには 『釣り』って何? と 
疑問を もたれているかもしれません。
ちゃんと 釣り糸を 海に 垂れているでしょう・・・・

2008horituri.jpg

 
夕陽が きれいだったので 思わず撮りましたが
携帯なので 伝わりにくいですね。






















category: 未分類

tb: 0   cm: 0

プロフィール

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム