はまかぜ通信 ~ Personal

紀州 雑賀崎 底曳き漁師のブログです

祝 県和商 センバツ出場  

1月28日  晴れ



年末は 忙しくて 浜でカメラを回す時間がなかったけれど
1月に入って 割と暇なので 
帰港時の様子を 撮ってみました。



どの船も 忙しそうでしょう。
ちょうど 4時すぎ 一番忙しい頃
子供達が下校してきたり 浜で 遊んだりしています。
中学生ぐらいになると そ知らぬ顔で 
船の前を 自転車で通り過ぎるけれど
大人たちがどんな風に働いて 自分たちを育ててくれているのか
きっと 知らないうちに 目に焼きついていると 思います。




鳥インフルエンザで 評判よろしくない 渡り鳥たち。
浜には 今年も ユリカモメがやってきています。






春のセンバツ高校野球大会の 出場校に
和歌山県から 県立和歌山商業高校が 選ばれました。

逆転現象とか サプライズとか
いろいろ言われていますが
運も実力のうち
県内の大会では 常にベスト8 ベスト4の 実力ある高校です。
思いっきりプレイしてくれることを 期待しています。
スポンサーサイト

category: 雑感

tb: 0   cm: 0

逃がした魚は 大きい  

1月24日 くもり のち 晴れ

あまり出漁したくないのだけれど
連日 沖に船を出しています。
帰ってくると 足腰痛くて 体動かないのですが
休日になると 昼から どこかで 一杯やってしまうので
家族には いたわってもらえません。




先日 4キロ超の 鰆を曳きました。
鰆は 瀬戸内海でも 増やしていこうと努力している魚の1つで
稚魚の放流など盛んです。
雑賀崎では よく スーパーなどに並ぶ 小さな鰆を
サゴシ と呼んで 
鰆とは 区別しています。

ところで この鰆は 
金栄丸のような カレイ網に入る魚ではありません。
たまに 小さなサゴシを 曳いても
こんな大きな鰆を曳いたことは
いまだかつてない事です。

多分 この鰆は 釣り人が吊り上げた魚を
たまたま逃がしてしまって
たまたま そばを通った カレイ網に入ったとしか
考えようがありません。
4キロの鰆といえば かなり高価なので
ラッキーでした。
逃がした人は きっと
「10キロの 鰆を 釣り損ねた!!」 と
嘆いておられる事でしょう。

category: 未分類

tb: 0   cm: 0

中央市場  

1月20日  くもり

2007suisen2.jpg
  
2007suisen.jpg


淡路島や 能登半島の海岸沿いに咲く水仙は 有名だけれど
雑賀崎のあちこちでも 水仙の花が咲いています。
家の周りは 八重が多い。
風に吹かれて 良い香りがします。




週末 思ったよりお天気悪く 先週は 二日出漁したのみ。
休みの間に おふくろさんの同級生が
続けて 2人も亡くなりました。
そんな歳になったのだと 気を落としています。
そんな歳になったのだと 自分も驚きます。




今日は 休漁日を利用して
大阪中央市場本所へ
組合理事 底曳き役員 計9名が 出向きました。

雑賀崎の魚は 和歌山の中央市場のほか
大阪 大阪北部 神戸 尼崎 志賀 奈良 京都などへ
出荷されいます。

やはり 和歌山と大阪の市場へ出荷される分が 一番多い。

近年 魚価は 下がり続けるばかりなので
陳情というか 交渉というか
「売り子変えやんかい!!」と
文句付けに言ったような 次第です。

「こんな時代ですから・・・・」と
のらりくらりと 話をかわされた感もありますが
この10年で 雑賀崎の底曳き漁師も3割減というのは
老齢化ばかりが原因ではなく
沿岸漁業に 先が見えないので
後継者を作りにくい。
漁業で 生活できるなら
息子を漁師にするがな。

ネットで 鮮魚を販売していると
「近くのスーパーに こんな 新鮮な魚売ってへんで」と
よく 言われます。
市場の人は「売れない 売れない」というけれど
欲しいお客さんは 確かに居られるのに
魚は 何処で道草しているんだろう。

安い輸入物 養殖物が売れる時代だと 言われます。

神戸は やはり 震災の影響を引きずっていて
2重ローンで苦しんでいる人も多いので
以前のように 売れないらしいです。

奈良や 滋賀は 山の国だから
思いもかけないものが よく売れます。
黒鯛などは 大阪の 数倍の値がつくことも・・・

京都は テレビのグルメ番組では
びっくりするような 値の 料理が 紹介されていますが
本当に 高級なものは 売れない。
全国から おいしいものが 集まりすぎるんだろうか。
あの料理の価格は 板前さんの技術料なんだろうな。

京都は 着倒れ 
大阪は 食い倒れ か・・・

折角 サザンにのって 大阪まで出向いたのだから
来週の魚価に 少しは反映するといいのだけれど。










category: 今日のこと

tb: 0   cm: 6

今日は 凪  

1月15日  晴れ 

今日も 出漁しました。
アシアカ イカが 少し多め。
イカは 冷えると墨が出るから 
何度も洗って 箱詰めするのに 時間かかります。
関東では 甲イカを 
墨で真っ黒のまま 出荷されるので
スミイカ と呼ぶらしいですね。

良い入日でした。
携帯カメラの 画像です。
2007.1.13.jpg

category: 未分類

tb: 1   cm: 0

えべっさん  

1月14日 晴れ

年頭から 更新サボってばかりです。
毎年 元旦から 十日戎まで お天気悪くて
1日か 2日ぐらいしか 出漁できる日和がないのですが
今年は 5日に出漁してから 10.11.12日と
3日続けて 出漁しました。
雪も降らないし やっぱり 温かい。




えべっさんは 商売繁盛の神様らしいですが
鯛を担げているためか 
雑賀崎の漁師は皆必ず十日戎に参ります。


2007ebisu4.jpg


1月9日。
宵戎の和歌山の 湊本えびす神社前。


2007ebisu2.jpg

縁起物の 俵を買いました。

2007ebisu.jpg


今年は 正月も 忙しくて 初詣にも行かれなかったので
えべっさんにて 運試しのおみくじを引くと 
大吉
娘も大吉だったから 皆 大吉なのかもしれないけれど・・・

2007ebisu3.jpg


皆 大吉だって 構わない。
日の暮れた 境内のあっちこっちで 
こんな笑顔がありました。




正月といえば 百人一首。
冬休みの宿題で 50首覚えて テストがあると
娘が 大騒ぎしている。

しのぶれど 色にいでにけり わが恋は
物や思ふと 人のとふまで

恋すてふ わが名はまだきたちにけり
人知れずこそ 思いそめしか



「どうして 昔の人は しのんだ恋ばかりなの?」
「・・・・さぁ???」

「田子の浦に うち出でてみれば 白妙の
  富士の高嶺に・・・」
「降る雪も 京都先斗町に降る雪も
「うるさい!!!」




category: 未分類

tb: 0   cm: 0

謹賀新年  

1月7日 くもり

2007nenga.jpg


あけまして おめでとうございます。
新年も あっという間に 7日も経ってしまいました。
今年も よろしくおねがいします。




元旦は良いお天気でしたが その後雨。
今年初出の5日は またまた 良いお天気に恵まれ
出漁しました。

漁の成果です。

ei.jpg

十数キロあるような アカエイを何尾も曳いて びっくり。

sita.jpg

今年は少ない 赤舌平目。

kouika.jpg

甲イカ。 大きくなりました。

koti.jpg

コチ。 見た目と違って 白身の上品な魚です。
刺身にもなるし 鍋物にも使えるし 
スーパーには並ばない 高級魚です。

hirame.jpg

ヒラメやカレイ。 タコ。 丸ハゲ。

akagai.jpg

これは 寿司ネタなどになる 赤貝です。
国産赤貝は かなり高級です。

tairagi.jpg

こちらは タイラギ。
殻は大きいけれど 可食部分が少ない・・・・

tinu.jpg

黒鯛も 少し曳きました。
関西の海は チヌ(黒鯛)の海です。
脂がのって お刺身にも おいしいです。

category: 今日のこと

tb: 0   cm: 0

プロフィール

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム