はまかぜ通信 ~ Personal

紀州 雑賀崎 底曳き漁師のブログです

富士山  

12月29日 くもり

クリスマスイブも クリスマスも 二日とも出漁したのは
何十年ぶりのことです。
本当に 今年の12月は いいお天気が続くと思っていたら
26日から急に 大シケに変わりました。
各地で 突風は吹くは 大雪になるは・・・・
気象庁も 注意を呼びかけていましたが
皆さんのお住まいの近所で 被害はありませんでしたか?



fujisan.jpg

 
横浜の ふ~さん から
富士山の写真を頂きました。
豪雨のあと ベランダから望んだ景色だそうです。
横浜からでも こんなに大きく見えるんだ・・・!!

和歌山から 富士山は なかなか見られないので
感動ものでした。
ありがとうございました。




昨日28日は 兄貴と慕っていた 漁師仲間の命日でした。

10年近く前の 12月28日
その年の 漁の最後の日
漁を終えて 帰港の途中で 
巻き上げ途中のロープに 足を取られたらしいです。
体中は 傷だらけで 眉間には 穴があいていた といいます。
梶を取るもののなくなった船は
雑賀崎より ずっと南の 小さな漁港の岸壁に 
激突して 止まりました。

いつの間にか 自分は彼の年を 越してしまいました。
雑賀崎の 浜の様子も この10年足らずの間に
随分と 変わりました。
それでも 
今年から 一人で船の乗るようになった 金栄丸の安全を
彼がいつも 見守ってくれているような気がします。
よく 「心の中で 生きつづける」と いうけれど
こんな事なんだと 思います。
 
スポンサーサイト

category: 雑感

tb: 0   cm: 0

旧10月29日  

12月19日  晴れ

今年の12月は 比較的良いお天気が続きました。
去年は 12月一ヶ月でに5日ほどしか 出漁できなかったのに
先週だけで 4日 出漁しました。
お陰で 騙し騙し使っていた膝が 
ついに悲鳴を上げてしまいました。
昨日から ロト6も 買いに行かせてもらえず
布団をかぶって テレビと友達です。

日曜日の晩は 待ちに待った シケになりました。
街に住んでいる方は 風の音に 気がつかないかも知れないけれど
一晩中 風力3にした扇風機の音を耳元で聞いているような風の音が
空で鳴っていました。
月曜日は シケで休み。
本当に 私の膝のために シケになってくれたようなものです。




温暖化。
確かに日々感じる事ではあります。
水温が下がらず エビが多い代わりに ヒラメがなかなか出てこない。

しかし 旧暦で言うと 今年は8月が閏っているので
まだ 10月末です。
もしかしたら 昔から こんなものだったのかも・・・・





category: 今日のこと

tb: 0   cm: 0

花嫁の父  

12月10日 くもり

定時に出漁しましたが 港を出たところで 
あまりの強風に 今日はシケと あきらめ 帰港しました。
港の中にいるとき 北風は ちょうど 山の陰になるので
どのくらい強いか 判断しがたいのです。




朝から 奥さんたちは 誘い合わせて 
お祝いに行くという。
連中(雑賀崎の昔からの 風習で 義兄弟とも言える 特別な友達)の
『ジュニア』の 娘さんが クリスマスに挙式という。

ジュニアは 私たちの連中の中では 一番年下で
娘さんだって ようやく この間学校を卒業したと 思っていたのに
もう お嫁に行ってしまうのか・・・・

ジュニアは優しいお父さんで 
目に入れても痛くないほど 可愛がっていたのに
22・23で お嫁に行ってしまうのなら
女の子なんて 育てた甲斐が無いと言うものだ。
やがて わが身にも降りかかる災難だと思うと
余計に ジュニアが気の毒に 思えてならない。

ああ 嫌だ 嫌だ と いつまでもぼやいていると
「私たち いくつで 結婚したと思ってるの!?」と
奥さん のたまう。
・・・・ ああ そうでした。

ハルカちゃん どうぞ お幸せになってください。

気分転換に テンプレート 変えました。

category: 雑感

tb: 0   cm: 0

12月の紅葉  

12月5日 くもり 時々晴れ

日曜日 月曜日は 大風。
シケで 漁が休みになりました。
今日は 休漁日。

シケを睨んで 日曜日 生簀に入れてあった エビを出荷しました。
1キロ1000円は値上がりしていました。
一番値が良かったのは 赤貝。
トロ箱に 7つほど入れて 大阪に出荷しましたが
貝1個1000円ほどの 値がつきました。
街に住んでいると 気がつかないかもしれないけれど
週末から 列島中で シケが続いているので
なかなか良い値が付きました。

ochiba.jpg


12月の紅葉は
見ごろの前に木枯らしが吹いて 落葉してしまったり
なかなか 難しい所もありますが
自然の作る 色の美しさには 心奪われます。
落ち葉をスキャナーで 取り込んだら
どんなになるか やってみました。
6年前に買ったエプソンのスキャナーですが
とても 美しく 取り込めました。




漁も稼ぎ時。 世間も何となく あわただしい12月。
学生にとっても 試験のシーズンらしいです。
勿論 入試という関門を控えている方も 大勢おられるでしょうが
1年生 2年生も 定期テストの真っ最中らしく
お昼近くなると 学生服を着た生徒達が 自転車で浜を通ります。

「父ちゃん ちょっと 手伝ってよ。」と
娘に 英語のノートを渡されるけれど
高校生の英語がわかったら 
漁の休みの日には 塾講師のバイトでもするわ・・・・!
と 心の中で つぶやく。

今回一番悩んだのが 音楽のレポート。
「標題音楽の 受容美学的考察と歴史」

何のことかもわからないが
それでも 「父ちゃん 父ちゃん」と 言ってくれるうちが花と
音楽辞典なるものを 開いたが
字は 細かいし 言葉は わからないし お手上げ。

音楽辞典を作る人は 
もっとわかりやすい日本語を勉強すべきだという結論に達する。

商業高校なので ビジネス基礎 という教科がある。
教科書を読むから 聞いていろ!というので
コタツで うたたねしながら 聞いているが
これは なかなか 勉強になる教科である。
物流では 自動車運送業者の 宅配など サービス合戦。
金融では 郵便局も保険会社も 金融機関的役割をしている事。
銀行の 合理化。統合のこと。
サービス業では 派遣業や 高齢者福祉に携わる仕事のこと。
今日的な 話題満載で 勉強になります。

category: 今日のこと

tb: 0   cm: 0

エビの名前  

12月2日 曇り時々時雨

更新遅れました。

先週は 4日も出漁しました。
12月1日より マンガン漁開始。
そのため 1日は 早朝より 石ゲタから マンガンへ
ショク(漁の道具)の交換をしてからの 出港。
その上 30日と1日は 風が強くシケ。
ようやく 今日は 休漁日となりましたが
朝から 雑用におわれ もう クタクタです。






kumaebi.jpg


今 アシアカに混じって こんなエビが
一日に 数匹 入ってきます。
かなり大きくて アタマの先から 尾までで
20センチ以上あるものも 有ります。
オニエビなんて 呼んでいますが
本当の名前は 何というのでしょうか?
水族館に 問い合わせてみましょうか・・・・


sirasa.jpg


これは シラサ と呼ばれています。
体長12センチぐらい。
生命力の強いエビで
海水なくても 長時間生きています。

category: 今日のこと

tb: 0   cm: 2

プロフィール

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム