はまかぜ通信 ~ Personal

紀州 雑賀崎 底曳き漁師のブログです

不漁  

7月30日  くもり

まだ 近畿地方は 梅雨が明けないらしい。
朝から どんより 曇っています。
日照不足の影響か 野菜が品薄。 価格が高騰しています。

今日和歌山市は 市長選挙+県議会議員補欠選挙。
選挙で 漁も 休みです。




先週 木曜日 金曜日と 二日続けて 出漁しましたが
沖に出ても 魚が無い。
二日とも 細いハモを 30キロ程度曳いただけでした。

毎年 漁獲量の少ない季節なので
常連さんは 「また 魚無病が 始まったか・・・」と 
大様に 堪えてくれますが
初めての お客さんは 「一体いつ魚が届くんだろう」と
きっと 不安になられている頃でしょう。
いつものコトながら 気ままな商売で 申しわけありません。

天神祭り前のハモは なかなか太くて 良かったのに
先週のハモは オスばかりで 細い。

ハモは 10年かけて メスは1メートル 
オスは70センチぐらいになるそうです。
10年も 海を泳ぎまわっていたものを 食べてしまうなんて
何だか 申しわけ無い気がしますね。
スポンサーサイト

category: 今日のこと

tb: 0   cm: 0

みなと祭り  

7月26日 晴れ 

昨日 今日 と久しぶりに晴れて 今日は暑い!!
ようやく 梅雨も明けてくれるのでしょうか・・・・?

20日の みなと祭りが 雨で今日26日に 順延となり
今日は 漁が休みになりました。

「どうやって 生活しているの??」と
お客さんがびっくりして 心配してくれるくらい 
雑賀崎の漁師は 夏の間 働きません。
今日で 休みかけてから 13日目です。
今月 まだ 4日ぐらいしか 働いていません。

何だか ものすごく 怠け者のようですが
お天気悪くて 出漁できる 日和も少ないです。
雑賀崎や 箕島の底曳き漁師は
こうやって 無理な働きをしないで 海を守ってきました。
底曳き漁は 網で海底をさらう漁ですから
連日 100隻 200隻の船が 漁を続けたら
全ての魚を 獲り尽くしてしまいます。




「はまかぜ通信」に 一通のメールが届きました。


去る5月、大日本水産会では、漁師になりたい人と担い手を募集している漁協・
漁業会社を一堂に集めた「漁業就業支援フェア」を東京と大阪で開催いたしまし
た。
フェアには、全国各地から漁協や漁業会社およそ50団体と、漁師を目指す多くの
若者が参加し、現在、研修生としておよそ60名が漁師になるために各地で実習に
励んでいます。

このたび、「漁業就業支援フェア 追加募集」を8月5日(土)、東京で開催する
こととなりました。
今回も全国から多くの漁協や漁業会社が参加する予定です。
主催は大日本水産会、共催は全国漁業協同組合連合会、後援は水産庁です。
弊社はフェアの運営等を主催より委託されております。

漁業就業支援フェア終了後は、実際の就業地にて最大6ヶ月間の実践研修を実施
します。
研修終了後は、漁師として働くことも可能です。
漁業に関する基礎知識から実際の漁村生活、実践を通して漁師になるための技能
やノウハウまでを学べるので、漁業未経験者や漁業に関する知識がなくても「漁
師になりたい」という気持ちがあれば、研修を受け、漁師になることができます。



そこで、貴ブログにて、「漁業就業支援フェア 追加募集」の開催情報を
提供していただければと思い、誠に勝手ながらメールをさせていただきました。




名称:平成18年度漁業就業支援フェア 追加募集
主催:社団法人大日本水産会
共催:全国漁業協同組合連合会
後援:水産庁
開催日:平成18年8月5日(土)
開催場所:三会堂ビル 石垣記念ホール (東京都港区赤坂1-9-3 三会堂ビル9
階)
開催時間:12時30分開場、15時30分受付終了、(入場無料・服装自由)
問合せ先:社団法人大日本水産会 漁政部企画課 担当:松沢・木上
     TEL03-3585-6682

平成18年度漁業就業支援フェアホームページ

http://www.fishworld.or.jp/fisherman/






春休みや夏休みになると
漁師になりたいのだけれど どうしたらいいですか 
というメール よくいただきます。

個人的には 現在の漁業不振の中で
漁師という職業は 経済的にかなりしんどいと思います。

他の職業と違って 漁師は 
資金があって 希望しても ホイホイと なれるものでもないので
そんなメールを下さるのでしょうね。
興味のある方は 参考になさってください。











category: 今日のこと

tb: 0   cm: 2

  

7月20日  雨

各地で 大雨の被害が 報じられています。
心より お見舞い申し上げます。




ブログの更新 またまた 遅れてしまいました。

まずは 県庁のトネさんの奮闘記。
和歌山のアンテナショップで
わいわい市場の広報をしてくれました。
ハモの試食も 配ってくれて
なんと 5箱も 売り上げてくれて 正直びっくりです。
どうも ありがとう!!



kisyuukan.jpg

kisyuukan2.jpg





 さて そのハモですが
先週 13日と14日 二日間 出漁して
ハモばかり 獲れに獲れ!!・・・ 大漁貧乏

金栄丸でも連日 100キロ以上の ハモを水揚げしましたので
組合全体では 二日で 十数トンのハモです。
ちょうど 京都祇園祭と重なり 
ハモの売れ行き最高 と なればよかったのですが・・・・
ハモの大漁は 全国規模で
全国から 京都 大阪の 市場に ハモが送られたもので
市場は パンクしてしまったようです。

14日に 水槽トラックで 生かしたまま大阪に出荷されたハモは
トラックから 降ろされる事なく 
和歌山に 引き返してきました。
前代未聞の 事態です。

大阪の中央市場でも この時期
毎日 5トンのハモしか 処理する能力が無いらしいです。

市場も 商人さんも
漁師が 命がけで獲って来た魚で 金儲けしているのだから
(実際 13日14日は ひどいシケの中の出漁でした)
魚が余っても 買い支える という努力をしてくれないと
漁師も 沖に出られません。
また  買い支える事が 出来ないのなら
市場の 情報提供を してもらわないとなぁ・・・・

という事で 連日 組合では 会議会議でした。




その忙しさの中 金栄丸は 連休を利用して
ドック(上架) 船のメンテナンスを行いました。
今回は 和歌山マリーナシティです。

船は半年から 1年に一度は 陸に揚げて
船底の ゴミを取ったり
塗料の塗り替え プロペラのチェックなどが必要です。

放置しておくと 藻や藤壺などで
船が沈んでしまいます。



2006.7dog.jpg

category: 未分類

tb: 0   cm: 0

出漁します  

7月13日 曇りのち晴れ

今日は はっきり言って シケです。
2006.7.13.jpg

台風の影響なのか かなり波が高く
自宅からも 潮騒が聞えてきます。

それでも 今日は 出漁しました。
来週は 連休とみなと祭りなどで
出漁できない日が多そうですから。





明日は 東京有楽町の
和歌山県のアンテナショップ「喜集館」
わいわい市場のキャンペーンが行われる予定。

梅干 醤油 シラス干し 桃など 
和歌山の地場産品の自慢は数々ありますが
「金栄丸」からは
県のブランド推進課のトネさんが
ハモの試食とパンフレットを持って行ってくれます。
「寺井さんは 東京に行ってくれないのですか?」
と聞いてくれましたが
何しろ 船長という名の用務員みたいなものですから
東京まで 行っていられないなあ。
トネさん お願いします。

パンフレットを作って という事だったので
昨日 悩んで 作りました。
web上では 同じように表示できませんが
大体 ↓こんな感じです。
をクリックしてみてください。


category: 今日のこと

tb: 0   cm: 0

自慢できる景色  

7月9日 雨のち晴れ


2006.7.9.jpg


台風が日本海に抜けて 晴れ間が覗いていました。
風がかなり強いこんな日は 
空気が澄んで 対岸の景色もはっきり見えます。
空には 面白い模様の雲が 沢山あります。





昨日は お天気悪かったけれど
雑賀崎の釣り公園に テレビドラマの撮影隊が来ました。


2006satuei.jpg


アイドルの男の子が やってくるというので
追っかけの 女の子達が 釣り公園の外で 撮影を待っていましたが
地元の おばちゃんたちも 祭り気分で
撮影の見学に 大騒ぎでした。
写真はダメという事なので 雰囲気だけ望遠で・・・・



ハモの宣伝パンフレットのために
湯引きの写真を撮りました。
おいしそうに 撮れてますか?


hamonoyubiki.jpg

category: 今日のこと

tb: 0   cm: 0

台風3号  

7月6日 (木) 雨 時々曇り

いつの間にか 台風も3号です。
海上はすでに シケモードに入り
今朝 船を避難港へ移しました。
申しわけありませんが 
今週は 魚出荷できそうにありません。




週末 雑賀崎の浜で テレビドラマの撮影が予定されています。
先週予定が 延期で 今週になったのですが
ちょうど 台風接近と重なるので どうなる事やら。
「関ジャニ」が来るという話だったのですが
それが 誰だかわからなくて
「キムタクが来るらしい」と 
病院の看護婦さんたちに 言いふらしてしまったけれど
「そりゃ、エライ違いがあるで・・・・」と
奥さんに しかられました。




7月。
そろそろ夏休み という事で
学生さんたちは 学期末テストの最中では・・・

地元県立商業高校へ通う娘が
珍しく 私のそばに坐って
教科書を読んでいる。
「ビジネス基礎」という教科があるらしい。

商品に対する消費者ニーズの多様化と
技術革新の進展による清算の高度化によって
生産と消費の隔たりが大きくなり
新たに流通に求められる 情報提供 需要を呼び起こすという働きは
益々 重要になってきてる

と 何度も唱えて 暗記している。
ふーん。 
最近の高校生は そんな勉強をしているのかと
教科書を見せてもらうと
オールカラー イラスト満載 のなんとも美しい本である。

ふと 一番後ろの 口絵をみて驚いた。
街と働く人々が描かれている。
「街にはビジネスがいっぱい」

銀行 スーパー ファーストフード店 新幹線
サッカー競技場 物流業者  旅行会社・・・・・
そして 生産者。
なんと 海の上で 漁師はハチマキまいて
網を手で 曳いている!!


実教出版
一ツ橋大学名誉教授 片岡寛先生
成城大学教授 木綿良行先生 他 編修の 教科書である。

世の中の人々の 漁師に対する認識って
21世紀の今日でも こんなもんなんだなあ。
と 改めて 感じました。




今月7月14日 15日
和歌山県の アンテナショップ 「わかやま喜集館」
わいわい市場「お中元キャンペーン」のPR活動があります。
県庁の トネさんが PRしてくれるというので
「はまかぜ通信」からは 
ハモの試食を持っていってもらうよう
お願いしました。

関西の夏に無くてはならないハモですが
東京では どんな反応なんでしょうね。

パンフレットも作らなくてはいけないのですが
ぐっと来る 言葉が 思い浮かびません。

思わず ハモを食べたくなるような コピー
思いつく方は ぜひ コメントください。









 

category: 雑感

tb: 0   cm: 0

漁船火災の事など  

7月2日 雨のち晴れ

風のために 網戸が一枚外れて飛んでいくほど
今日は嵐の朝を迎えましたが
午後からは 陽がさして お天気回復しました。
今泣いたカラスが もう笑った・・・・という感じです。

連日 色々なニュースがテレビを賑わせていますが
28日 徳島の 漁船火災のニュースは
どのくらいの方が 気にかけておられるでしょうか?

船は全焼。64歳の船長は 行方不明です。

徳島 淡路島 和歌山は 紀伊水道を囲んで
一つの海を分け合って 働いています。
言葉や習慣も とても似ています。

漁船火災は 最近 雑賀崎や 近隣の漁港でも
数件ありました。
エンジンルームからの出火で
漏電が 原因といわれています。

和歌山での火災は 人的被害がなく
不幸中の幸いでしたが
徳島の火災では いまだ船長発見の知らせが無く
他人ごとには 思えません。


category: 雑感

tb: 0   cm: 0

プロフィール

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム