はまかぜ通信 ~ Personal

紀州 雑賀崎 底曳き漁師のブログです

最近の漁師事情  

4月29日 くもり

みどりの日。
土曜日なので 漁は定休です。





昨年から 雑賀崎で 数人が漁師廃業 陸に上がりました。
4月中にも 2人が 漁師を辞めました。

自営業なので 定年は無いとはいえ
漁師の仕事は 船で沖に出て 魚を獲るだけではなく
船や網のメンテナンス作業 仲間との助け合い 付き合いなど
高齢になってくると 大変な事が 沢山あります。
車の免許も 70歳を超えたら 返還する方が あるように
漁師も 一人で漁をするなら 70歳というのが
一つのターニングポイントになっています。

しかし 若い漁師が 漁師を廃業するのは
個人的は事情ではなくて
昨今の 水産業不況の為です。

漁獲量は・・・・・
全国的には減少傾向にあると思いますが
和歌浦湾では 獲れる時には 獲れるで~。 という感じ。
今年は 舌平目が 豊漁ですし
数年前から ハモは 大漁が続いています。

ところが 水揚げ額が 上がらない。
大漁だと喜んで 出荷しても
魚価が暴落し 
経費ばかりかかって 赤字を出す。

漁師で 生活が立てられなくなってきている。
というところに
若い漁師の 廃業の原因があるのです。




「漁師になりたい」という 問い合わせ
よく 頂くのです。
そう、昨今の スローライフのブームの影響かなぁ。

勿論 色々な漁師があるから 
乗組員を募集しているところもあるかも知れないけれど
全体的には 水産業は 右肩下がり。
需要の減少と 輸入物の増加で
沿岸漁業は 良い状態ではありません。

「漁師になりたいので 
邪魔になるかもしれませんが 乗組員にしてください」
のような お問い合わせには 驚きます。
「邪魔になると思ったら 乗組員にしてくれなんて言うな」
というのが 答えです。
何処へ就職するのも 同じ
「きっと 役に立つから 雇ってくれ」 って言いましょう!!。



スポンサーサイト

category: 雑感

tb: 0   cm: 0

巨大エイ  

4月24日 晴れ

大陸からの黄砂の影響なのか 
晴れているのに ぼんやり曇った一日でした。
久しぶりに 出漁しました。


2006.4.24ei.jpg


32キロの巨大エイ。
もちろん まだ 生きていますよ。
しっぽに毒があって 刺されると大変なので
切り落としてあります。
出荷したものの 誰がコレを買うんだろう!?

category: 今日のこと

tb: 0   cm: 0

「世のために尽くした人の一生ほど、美しいものはない。」  

4月23日 雨 のち曇り

出漁時に 雨が降っていたので 今日も漁はやすみ。
朝から 和歌浦のさかなやさん の様子をみてきました。
やっぱり 土曜日日曜日は 若干お客さんも多めで
皆 がんばっている甲斐があるというものです。


    



自営業の為か 昼間からよくテレビをつけて 
ワイドショウを見てしまうからか
世の中 哀しい事件が多すぎると 感じます。

大阪書籍の 小学5年生 国語の教科書に
司馬遼太郎の『洪庵のたいまつ』 という 文章があります。

「世のために尽くした人の一生ほど、美しいものはない。」

という一文ではじまり 
名誉や利益を求めず 医者として一生懸命生きた
緒方洪庵という人の人生を
子供達に分かりやすく しかし ドラマチックな脚色なしで
ただ おじいさんが 昔話をきかせるように
淡々と つづられた 文章です。

読みながら 涙もろくなった中年男は
溢れる涙を止めることができませんでした。

できれば 子供達はみな 学校で 
こんな文章を 教えてもらうと いいなあ。
ただ読むだけではなく 掘り下げて学習する事によって
作者のメッセージが 心に届くように。

それから 私たち 大人も
たまに こんな文章を 読んだ方がいいかも・・・
単行本・文庫本にもなっていますが
全文転載したWebページもあるので
検索してみてください。 



 


category: 雑感

tb: 0   cm: 0

忘れっぽいのは 老化のせい!?  

4月18日 くもり 

更新 またまたサボってしまいました。
今日は 休漁日です。

このところ 漁が休みのときは
例の4月1日に 組合が運営を始めた 
鮮魚店の雑用に追われています。

この魚屋 市の水産公社が運営していたときから 赤字経営で
何でも 民営化の 昨今の風潮から
雑賀崎漁協に 運営が回ってきた感強し。
出港前から 大嵐の海に漕ぎ出した感じです。

経費節減のため 漁が休みの日
組合役員が 船を出して 魚を調達。
市価に比べて 激安の鮮魚で 客寄せをしよう という
なんとも 一般に考えられないような アラワザに出たので
順番で 役員になってしまった人たちは 大変です。

でも お客さんにとっては 
活け魚が 浜値で買えるチャンスなので
お近くの方は ぜひ ご利用ください。
(水曜日は定休です)

そんなわけで  ブログの更新もママならず
すみません。
金栄丸の 連休の予定と 最近獲れている魚のページも更新したので
「はまかぜ通信」も ご覧ください。

桜の写真も 撮り溜めしてあるので
また スライドショウを作ろうと思ったのですが
なんと 情けなや・・・・ 作り方を 忘れているのです。
パソコンでも 何時も使っているところは 
よく覚えているのだけれど
久しぶりに使うところは すぐには 思い出せないんですよね。
これって 老化 でしょうか!?

また 漁の休みのとき がんばります。
Warten Sie bitte.






category: 今日のこと

tb: 0   cm: 0

春の嵐  

4月11日 雨時々くもり

2006.4.11.jpg


4月初めの今は 入学式のシーズンですが
昨日も 今日も 春の嵐。
まるで台風のような 風に 桜の花も 散ってしまいそうです。
和歌浦湾を見ると 
紀伊水道から 貨物船たちが 避難してきています。
船は横風に弱いから 皆 風の方を向いています。

category: 今日のこと

tb: 0   cm: 1

春 ど真ん中  

4月7日 晴れ

今週は 3日出漁したけれど 前2日は シケの中の操業。
今日は 本当に 良いお天気 春ど真ん中 
という感じの穏かな一日でした。
労働の喜び(って 最近 そんな左っぽい事言う人もないけれど )
を噛み締める 帰港時の浜の写真。

2006.4.7.2.jpg

2006.4.7.jpg



出荷作業が早めに終わったので
今日は きっと夕日がきれいだろうと 
写真を撮りに波速崎の方へ。
まず 桜と漁港。

2006.4.7.4.jpg

この前の 菜の花のポイントで カメラマン発見。
2006.4.6.3.jpg

難速崎にて 最高の夕日 観賞の おすそ分け

2006.4.7.5.jpg

category: 今日のこと

tb: 0   cm: 0

ユリカモメ  

4月5日 雨

良いお天気は 続きません。 今日は雨で りょうは休み。

2006kamome.jpg

ユリカモメは 渡り鳥です。
冬になると 和歌山にやってきます。 
人懐こく 魚をほしがる 可愛いやつです。


2006sagi.jpg

サギは 数年前から 漁港周辺に数羽すみついています。
大きな鳥なので すぐ後ろにいると びっくりしますよね。

category: 今日のこと

tb: 0   cm: 0

さくら便り  

4月1日  晴れのちくもり

雑賀崎のトンネルを越えるとすぐある「和歌浦のさかな屋さん」が
今日4月1日より
和歌山市の水産公社から 雑賀崎漁港の運営へと替わりました。
本日は
その 記念イベントとして 朝市~魚の大安売り を 行いました。

本当は 画像がほしいところですが 
なんといっても 今回は 組合役員になっているので
カメラで 写真など撮っていると サボっていると怒られそうで
残念ながら 画像はありません。

これから 和歌浦のさかな屋さんは 
雑賀崎漁業組合が運営していきます。
わたしたちの水揚げした 魚を中心に 販売していきます。
なにしろ商売など 素人集団
その上 漁師と2足のわらじを履こうというのですから
前途多難の船出ですが
雑賀崎に お越しの際は どうぞ よろしゅうおねがいします。






2006sakura2.jpg

2006sakura1.jpg


画像が何もないのもさみしいので
4月1日 和歌山城公園の さくら。
東京では もう満開らしいですが
和歌山の桜は まだこんなものです。

category: 今日のこと

tb: 0   cm: 0

プロフィール

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム