はまかぜ通信 ~ Personal

紀州 雑賀崎 底曳き漁師のブログです

休みは続く  

9月21日 曇り

台風は 大きな被害を出さずに 過ぎてくれました。
進行が とてもゆっくりだったので
思いもかけない長い休みになりました。
今日こそは と 思いきや
不意にやってくる 突風や ゲリラ雨の
不安定な お天気で 休みになりました。
火曜日まで 休みです。

その長い休み中に
漁師の関係者の葬式が 2件続き
高齢化が 進んでいるんだと 実感しました。

14日は 雑賀崎地区の 敬老会で
地区の70歳以上の方々に お祝いの品を渡す お手伝いをしました。

雑賀崎地区 人口約1600人。
敬老お祝い対象者が 4百数十名 
つまり 4分の1以上が 70歳以上らしいです。
日本が これから迎える 高齢化社会の 最先端を
雑賀崎は 走っているわけです。

だからこそ
雑賀崎のような 田舎に来ると 
都会では 定年退職されて 年寄り扱いの60歳代の方々でも
「あんたら まだ 若いから・・・・」と
地域での 核となる 大切な人材として 扱われます。
定年退職して ふるさとに帰ると みなに頼りにされて
「なんだか 心も 身体も 若返る」 と いう話を よく聞きます。
60歳代そこそこで 年寄り顔していたら
「ええ 若い者が・・・・」と 笑われますよ。




そういえば 車の高齢運転者の もみじマークもみじマーク
が義務化されたときも
都会と 私たちの周辺の 認識に違いを感じました。

新聞のオピニオンページなどでは
「年寄り扱い しよって・・・・なぜ もみじマークなんか!!」と
もみじマークを強制されることに反対の投稿を 
いくつも見かけました。

公共交通手段の充実していない 和歌山では
もみじマークの車は 非常に 多いです。
もみじマークは 一種の印籠のような 印象
『もみじ様が お通りになられる』 という感じを受けます。
もみじマーク様は 時に 交通ルール遵守ばかりでなく
参考に 走っておられるときが おありになる。
そういう時は 若いもんが 気をつけてあげないとね。


ドキッとするのは
 若葉マークもみじマーク
1台の車に もみじと わかばのマークが 2つ並んで張ってあるとき!!
「もみじなのに わかばなの!?」
「あぶない あぶない!・・・・車間距離開けて 走ろう・・・・・」

種をあかせば それはたぶん and じゃなくて or
きっと 免許取立ての孫が
「あんまり使わないんだから ちょっと貸してよ」と
じいちゃん ばあちゃんと 車を共有しているだけなんだろうな。
じいちゃん ばあちゃん と
あの交差点の 赤信号は長いとか
あの道は もう あそこまで工事が終わっているとか
共通の話題があるって ちょっといい。




木曜日の晩には
和歌山大学観光学部の 観光カリスマ講座 を 初めて 受講しました。

今回は 「じゃらん」という 旅行情報仲介業の
リサーチセンターの 玉沖仁美先生に
「観光地域づくりの考察」という題で 講義いただきました。

じゃらん宿泊旅行調査2008 で和歌山県は
大阪 兵庫など 近畿圏からの 旅行者が半分以上で
なんといっても 白浜あたりへの宿泊が多い。
夏休みなどに 家族が1箔で 
温泉でゆっくりとするのが 目的として 一番多い風呂
子供が楽しめるスポットの多さでは 全国4位ヘンダ普通
来訪者の満足度は 全国11位。

和歌山県では 大人の現地小遣いが 
全国平均より 約5000円少ないので
もっと 和歌山でお金を使ってもらう 余地が残っている 
・・・らしい。

名所 旧跡めぐりの旅行は もはや古い。
現地着地型 体験型の観光が 求められる と
考えられていましたが
2008年には 名所旧跡めぐりの旅の人気が
復活したそうです。
これは 団塊の世代が リタイアされたあと
こうした 名所 旧跡めぐりの旅行を好まれるためだ そうで
名所 旧跡なら 和歌山には たんと あるでなあ。

なかなか 興味深い 楽しいお話をたくさん聞くことができて
よかったです。
これも 休漁が長引いてくれた おかげですかね。







スポンサーサイト

category: 雑感

tb: 0   cm: 0

6月の予定  

5月31日 曇り時々雨

アシアカ海老や 平目を獲る ケタ漁は
5月一杯で 終わり
6月からは アジや カマスや 太刀魚
夏には ハモを獲る 板こぎ漁が始まります。




6月の予定です。

8nen6gatu.jpg


6月15日は 父の日で 漁休みです。

父の日だからと 仕事を休む漁師も珍しいかもしませんが
さいかざき幼稚園の 授業参観が あるからなあ。




2008kani.jpg


雨が多い季節
今年初めて 蟹を見かけました。
子供の頃は 通学途中の山道に 
いくらでも いたものです。

写真を撮ろうとおもったけれど
逃げ足が速く 
ボケボケの写真になってしまいましたね。



category: 雑感

tb: 0   cm: 0

漁業就業支援フェア2008  

5月29日 雨のち曇り

昨日は ご誕生日休み終わって初めて出漁しました。
が 予報どおり お昼前から ひどいお天気に変わって
風はきついし 波は高いし 
続々と 操業を中止して 帰港始めたところ
シュンさんの船が 貨物船と衝突してしまいました。

幸い 双方に 怪我は無く
船も修理可能だったのですが
他にニュースが無かったのか 
新聞には大きく取り上げられるし
ネットのニュースにもなったそうで
皆さんに ご心配頂 ありがとうございました。





2008ryousininaritai.jpg


今年も 漁業就業支援フェアのお知らせ依頼がありました。



□□□□□ 漁業就業支援フェア2008 開催情報!! □□□□□


●漁業就業支援フェア2008
本フェアは、漁業就業を希望している者と、担い手を募集している漁協
・漁業会社とのマッチングを行う場です。このフェアに参加すると、
現場の生の声を聞くことができ、漁業に関する様々な情報を集めることが
できるほか、担い手を募集している漁協や漁業会社にて、まずは研修生
(最長6ヶ月)として漁師になるための技能やノウハウを学ぶことができるので、
未経験者でも大丈夫です。

名称:漁業就業支援フェア2008
主催:全国漁業就業者確保育成センター
共催:社団法人大日本水産会・全国漁業協同組合連合会
後援:水産庁
開催日:
①東京会場 :2008年5月31日(土)東京国際フォーラム ホールD7
②名古屋会場:2008年6月 7日(土)第二豊田ビル(西館) 第二豊田ホール
③福岡会場 :2008年6月14日(土)福岡ファッションビル Bホール
④大阪会場 :2008年7月19日(土)大阪マーチャンダイズ・マート(OMMビル)Fホール
⑤東京会場 :2008年7月26日(土)東京国際フォーラム ホールD7

開催時間:12時30分受付開始、15時30分受付終了(入場無料・服装自由)
問合せ先:全国漁業就業者確保育成センター 中村・南家
     TEL03-3585-6319

漁業就業支援フェア2008ホームページ
http://ryoushi.jp/

□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□





お知らせしておいて こんなことを書くのは
大変心苦しいのですが・・・・

みなさん どんなイメージをお持ちで 
漁師になりたいのかわかりませんが
漁師は 淘汰される時代になったな と 思います。

原油価格の高騰で
燃料費は かさむばかり。
鉄の値上がりも著しいので
エンジンも バッテリーも ワイヤーも値上がりです。

魚は・・・・
水揚げ減少傾向だというのに
尾頭付きの 小型の魚に 値が付かない!!

これからがおいしい イサキが
値崩れしている というニュースを
新聞で読みました。

イサキは 金栄丸の網には 入らないのですが
小型魚が不人気と言うのは
イサキに限ったことでは ありません。

「このご時勢 うかうか 船も沖にだせない」と
浜での話は 冗談半分 本気半分。

どんな就職活動でも そうでしょうが
就職先のことは 十分研究しましょう。












category: 雑感

tb: 0   cm: 0

月は東に 日は西に  

3月24日 嵐のち 晴天

未明は 春の嵐でしたが 
夜が明けると だんだん晴天に変わりました。
先週は 風や 雨ばかりで
いいお天気だな と思うと 定休で
一週間 漁を休んでしまいました。
3月に入って 順調に 出漁していたのに
「漁師に 金 貸すな」とは よく言ったものです。




雑賀崎には お彼岸の夕陽にハナがフルという 
ハナフリの伝説があります。

こんな伝説は 他にもあるらしいですが
この数年 雑賀崎のハナフリには イベントが企画されたりして
なかなか 盛況なようです。

2008年 春のお彼岸は 残念ながら
前日からの雨は午後から上がったものの
曇っていて 夕陽を 望めるものではありませんでした。

が 翌21日は 冬型の気圧配置。
空気が キンと冴えて
きっと 今日は 美しいお日さんが 見られるぜ と
灯台に登ってみました。

2008yuuhi.jpg


冬に戻った 寒さの中でも 前日のリベンジか
何人もの 先客さんが 灯台にいました。

2008higan.jpg


夕陽が沈むのを 震えながら 眺めて
さて もう 帰ろうかと 振り返ると

2008tuki.jpg


こういうのを 
月は東に 日は西に 
って 言うんだよね。

category: 雑感

tb: 0   cm: 0

漁休み  

3月17日 晴れ 時々くもり

花曇の春の日です。
このごろ お天気に恵まれ 順調に出漁していましたが
今日は 漁休みになりました。

出漁が続くと 魚も少なくなります。

ikesirasa.jpg

iketobi.jpg

このところ 活けシラサ海老(写真上)や 
活けトビ海老のような小エビ(写真下)が
ものすごく 高値をつけるので びっくりしています。
パックに軽く入れて 出荷しても 数千円は 下りません。
水揚げ量も ほんのわずかなのが 難点です。




2008jinchoge.jpg

沈丁花の香りは 卒業式の香り。
街角で この香りがすると 
どこに咲いているのだろうと 探してしまいます。
春ですね。

小鳥たちも 恋の季節なのか
ピーピーと にぎやかです。


isohiyodori.jpg

どこで 鳴いているのかと 思ったら
隣の屋根の上に イソヒヨドリ。
写真では 上手く撮れなかったけれど
奥に もう1羽いて 仲良く鳴いていました。

2008tori.jpg

この子は あまりにぎやかではないのだけれど
よく見かけます。
ムクドリかな。




aoniyosi.jpg

先週も 先々週も 週末休みになって
万城目学さんの『鹿男あおによし』を 読んでしまいました。

たまたま 娘の机の上のあったのを ちょっと拝借したのですが
テレビドラマを チラッと 見たことがあるのと
日経新聞にも紹介されていたので 興味をそそられました。

小説とドラマとは ちょっと 設定も筋もちがうのだけれど
主人公の印象は 玉木宏 演じる小川先生が ぴったりかな。

玉木宏さんという 若い俳優さんは 最近大活躍されているけれど
「NHKの朝ドラに出ているときから
きっと この子は ブレイクすると 思っていたよ」と
自慢げに 娘に 自分の先見の明を 語ったら
「父さんは 知らなかったかも知れないけれど
それより ずっと前から 玉木君は 売れていたんだよ」と
呆れられてしまいました。

小説は 誰も殺されたりしないし
読みやすい文章で 楽しかったです。
鹿は ポッキーが好きだったり
デジカメが キーポイントだったり
いまどきの作家さんの いまどきアイテムが
ドラマの中では 割愛されていて 残念です。




2008whiteday.jpg


そう 「いまどき」といえば このケーキです。

ホワイトディに チョコレートの お返しにと
娘が 幼なじみの男の子から もらった 
男の子の手作りケーキ。

いまどきの 男の子は お菓子作りもできなきゃいけないのか・・・・・
昔の 男の子でよかった。。。













category: 雑感

tb: 0   cm: 0

プロフィール

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム